【月曜日のたわわ騒動】講談社、フェミに屈する!! 「真摯に受け止め、今後の宣伝は配慮する」


2022年04月09日更新

メディアが抱えるジェンダー問題に詳しい専門家は「性的な表現に触れたくない人の権利を守れていない上、成人男性による未成年の少女への性暴力を大手メディアが肯定する構図になっている」と指摘している

34

お気に入りに追加
0

>ネット上で相次いだ批判を踏まえ、講談社はハフポスト日本版の取材に「この度の広告は新たな読者開拓のため新刊発売に合わせて出稿いたしました。いただいたご意見については真摯に受け止め、今後の宣伝展開に関して十全の配慮をしていきたいと思います」と回答した。

>日経新聞の広報室はハフポスト日本版の取材に「今回の広告を巡って様々なご意見があることは把握しております。個別の広告掲載の判断についてはお答えしておりません」とコメントした。 引用元:www.huffingtonpost.jp(引用元へはこちらから)

twitterより

 

 

 

 

 

 



Source link