Uncategorized

【ジェンダー】1200年続いた「神事はだか祭り」、価値観をアップデートし法被姿に身


22日に、愛知の国府宮神道の礼拝所で行われた厄を払うためにふんどしをつけた男たちが激しくぶつかり合う奇祭である「国府宮はだか祭」が開催されました。この祭りは約1200年前から続く伝統行事であり、参加者たちはもみ合いの前に神事を行い、初めて女性も参加しました。女性参加者たちは法被に身を包み、「わっしょい」と声を上げながらササ(笹)を奉納しました。

この神事では、長年の慣習により着衣が許されず、女性は事実上参加できない状況でした。しかし、女性団体からの要望を受け、男性と時間を分けて午前中に女性も参加できるようになりました。

紫色の法被をまとった「縁友会」の隊長である玉腰厚子さん(56)は、「男性の祭りにこのような形で参加できて良かった。皆で一緒に声を上げて厄も払えた」と感激し、喜びを表現しました。

このような文化や伝統行事におけるジェンダーの平等や多様性の尊重は、社会における包括性と調和を促進する重要なステップとなります。女性も参加できるようになったことで、祭りはより広い範囲の人々にとって愛着のある行事として捉えられるようになったことでしょう。



Source link

-Uncategorized