News

【北京五輪】韓国スピードスケート、メダル候補2人が謎ジャッジで失格→代わりに中国人が決勝、金メダル


2022年02月08日更新

衝撃的な結果だ。北京冬季五輪スピードスケート・ショートトラック男子1000メートルで、韓国のエース黄大憲(ファン・デホン)と期待のホープのイ・ジュンソが不可解なジャッジで失格となった。

10

お気に入りに追加
0

記事によると

 前回平昌五輪の銀メダリストの黄は1000メートル準決勝1組で1位につけたが、レース後の審議で失格となった。黄の失格により、2位と3位だった中国の2選手が決勝に進出した。

 ショートトラックの準決勝では各組上位2人が決勝に進む。

 一方、2組でもイが2位につけたが、失格となった。イの失格により、中国選手が2位となって決勝に進んだ。

 韓国選手2人が失格となり、中国選手2人が決勝に進出する結果となった。

引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

混合リレーで中国有利な判定が続き話題を呼んだショートトラックで、再び〝事件〟が起きた。7日に行われた男子1000メートル決勝で、ハンガリーのシャオリンサンドル・リュウが1位で入線。金メダルかと思われたが喜びもつかの間、ビデオ判定の末にレース中に反則があったとの理由、繰り上がりで任子威が金メダル、李文竜が銀メダルと中国勢がワンツーフィニッシュとなったのだ。

 シャオリンサンドルの反則の判定が微妙なことに加えて、任がゴールラインの手前でシャオリンサンドルのユニホームを引っ張って転倒させるなど明らかな反則行為があったが、おとがめなし。それどころか審議すらされなかった。 引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

みんなの感想

 

 

 

 

 

 



Source link

-News
-, ,