【超絶悲報】 美人AIに不動産会社の仕事を奪われた人間が怒り 「馬鹿にされた」「人間の労働者を大切に」


2022年02月07日更新

 中国ではAI(人工知能)を活用する様々な取り組みが行われている。
有名大学にAI女子大生を入学させたり、AI検察官を開発したりと、あらゆる可能性が模索されているが、実際に優れた実績を上げているAIもある。

11

お気に入りに追加
0

去年2月から、新入社員として同社の経理部門で働き始めたシャオパンさんは、すぐに高い学習能力を発揮した。

 更には債権回収業務の即戦力となり、人間の同僚の成績をはるかに上回って、91.44%の債権回収成功率を記録したという。

 10か月間で非常に優れた仕事をこなしたシャオパンさんは、14万人在籍する同社の人間の従業員を差し置いて、2021年の最優秀従業員に選出された。

AIの優秀賞受賞が人間社員に物議を醸す 万科グループ取締役会長は、WeChatでシャオパンさんが本社の優秀新人社員賞を受賞したことを祝福し、このように綴った。シャオパンは、体系的なアルゴリズムのサポートのもと、作業手順とデータ問題を発見するための方法を実に素早く学び、人間の数十万倍のスキルを発揮しました。 この事実に愕然としたのは、同じ会社で働いていた人間の従業員だ。

 取締役から明かされるまで、シャオパンさんがAIだったと知らなかった同僚たちは皆驚き、「馬鹿にされた」「人間の労働者をもっと大切にしてほしい」といった非難の声を上げている。

 今後中国では、更にシャオパンさんのようなAIを使用した企業や業界が増えることとなるだろう。

引用元:karapaia.com(引用元へはこちらから)

twitterより

 

 

 

 

 

 





Source link