News

【選挙の前にすでに増税決定!?】社会保険料への上乗せで少子化対策の財源確保を検討中


2023年05月25日更新

政府が、少子化対策の財源確保策として、社会保険料への上乗せで国民1人当たり月500円程度の負担増を検討していることが明らかになりました。複数の関係者が24日にこの情報を明かしたとのことです。

0

お気に入りに追加
0

目次閉じる

消費税じゃなかったらバレないとでも!?

今後、社会保障制度の改革による歳出削減が困難になったことから、政府は、少子化対策に充てる新たな財源を確保するため、社会保険料への上乗せを検討しているといいます。

高所得者は問題ないだろうけど

この上乗せは、国民1人当たり月500円程度の負担増を想定しており、その財源は、一部を少子化対策の財源として活用することが予定されています。具体的な負担増額や財源活用方法は、今後の調整によって決定される見通しであり、詳細は今後発表されるものと思われます。

保険料だし、増税じゃないからいい!?

 

 

社会保険料への上乗せに関する検討は、今後、予算案の策定や財政改革に関する議論の中で進められることになります。我が国の少子化対策のためには、財源を確保することが重要であり、政府が積極的に取り組むことが求められています。

 

 

 

 



Source link

-News
-, ,