News

はるな愛「LGBTQが何の頭文字かなんて覚えなくていい。身近な人がLGBTQでも、何もしなくていい」


はるな愛さんは、自身が女性アイドルを目指した時代には、LGBTQについての理解が十分ではなく、男らしく振る舞うことが必要だった時代だったことを振り返っています。ところが、現代は多様性を理解する方向に向かっているため、百人いれば百通りのジェンダーがあることを理解すべきだとしています。また、個人のやりたいことを認め合い、それを実現できる公共の仕組みを作ることや、互いが補い合う気持ちを持つことが大切であると述べています。同僚がLGBTQであったとしても普通であり、その人を知りたいならば教えてもらうこともできるし、嫌であれば関わらなければよいとも語っています。そして、誰に対しても「気持ち悪い」というような言葉を使ってはいけないというメッセージを発信しています。すべての人に対して尊重をし、互いを補い合うことが、多様性のある社会を築くために重要であると考えているようです。



Source link

-News
-, ,