Uncategorized

【大赤字】「サブカルの聖地ヴィレッジヴァンガード」がヤバイ! 営業損失7億超えで赤字が拡大・・


「遊べる本屋」として知られるヴィレッジヴァンガード(通称:ヴィレヴァン)は、全国に店舗を展開しましたが、最近では悪化しているようです。

2023年11月の中間決算によれば、ヴィレヴァンの営業損失は7億4900万円となり、前年同期の1億7600万円の損失から赤字が拡大しています。加えて、既存店舗の数が数年間で減少し続けており、これによる減収や人件費や物価の上昇も影響を及ぼしています。

売上高に関して言えば、2016年5月期に最も高い収益である467億5800万円を達成しています。しかし、その際にも営業赤字は約2億円生じていました。その後、中南米雑貨の「チチカカ」を2007年に買収したことで事業運営に大きな足を引っ張られていたようです。

2017年にチチカカを売却し、ヴィレヴァンのみの営業に集中しましたが、その後も黒字と赤字の繰り返しで事業運営の安定を見ることができませんでした。現在、ヴィレヴァンの事業運営は不透明で不安定な状況にあります。



Source link

-Uncategorized
-, ,