Uncategorized

「プーチンは全土占領が目的だった」ロシア国営通信社が2022年2月26日に作戦終了予定記事を誤って投稿!


484: 名無し三等兵 (ブーイモ MM7f-hEBs [163.49.208.78])







485: 名無し三等兵 (ワッチョイ ef7d-IpRj [2404:7a84:5340:6f00:*])
>>484
はずかしい記事だなあ
ロシア帝国もソ連も崩壊したのに過去に縛られすぎでしょ

487: 名無し三等兵 (ワッチョイ 8f92-l/Lg [2400:4152:71a2:8e00:*])
>>484
クリミア半島を簡単に奪えたから、同じようにできると過信
一気にキエフ占領し大統領を無理矢理変えてウクライナを我が物に

だったはず

492: 名無し三等兵 (ワッチョイ 039e-evbc [240a:6b:a51:d0f:* [上級国民]])
>>487
トランプ氏がジャベリンを大量に仕込んでおいたから
ロシアの精鋭戦オートモービル部隊は初手で壊滅したな

574: 名無し三等兵 (ワッチョイ 3f5e-Vioh [2001:268:9ba5:4868:*])
>>492
主力戦オートモービル部隊はジャベリンではなく、朝令暮改のロシア軍上層部に振り回されて燃料切れで壊滅という何とも締まらない結末だった
当時の第1親衛戦オートモービル軍主力T-80系の燃費の悪さをプーと愉快な仲間達は理解してなかったんだろう

582: 名無し三等兵 (ワッチョイ cf3b-3M3c [2001:268:98a7:cd44:*])
>>574
実際問題として上層部が仔細を把握している必要は無いにせよ
理解して差配できる人材が然るべきポジションにいなかったのは巨大組織あるあるの喜劇ではある

494: 名無し三等兵 (ワッチョイ cf34-ZYUM [153.161.251.144])
まあホストメリ大気港を強襲するヘリボーン軍団を見たときは精強なロシア大気挺隊精神を感じたよねぇ
後続のIl-76が引き返さず義烈大気挺隊精神で重装備を届けてたら渋滞戦オートモービル隊の到着まで粘ってワンチャンあったのかもしれないが……結果論でしかないわな

495: 名無し三等兵 (ブーイモ MM7f-hEBs [163.49.208.78])
>>494
輸送機撃墜されたんだっけ

515: 名無し三等兵 (ワッチョイ cf34-ZYUM [153.161.251.144])
>>495
ホストメリ大気港の滑走路確保に手間どって引き返したはず。別方面でIl-76が撃墜されてるから似たようなものかもしれんが
開戦初頭の戦況推移をキチンと纏めてる記事あったら教えてほしいぐらい混沌としてたから認識に間違いはあるかもしれん
GANTZ:E 6 (ヤングジャンプコミックス)
フラワー月 仁
2023-11-17
497: 名無し三等兵 (ワッチョイ 8f84-l/Lg [49.128.139.7])
最近はロシアのウクライナ侵攻がロシアの「軍事活動的成功」とのことであるが、
そういうことなら国際秩序は単なるパワービデオゲームパワーポリティクスということになるよな
つまり「どっちもどっち論」だけで全てを割り切ること

501: 名無し三等兵 (ワッチョイ ef7d-IpRj [2404:7a84:5340:6f00:*])
>>497
これ成功なの?

514: 名無し三等兵 (ワッチョイ 332d-nyJS [240b:13:f2e0:3500:*])
>>497
そんなん「国際秩序は単なるパワービデオゲームパワーポリティクス」じゃん
それ以上でも以下でもない

518: 名無し三等兵 (ワッチョイ f3c6-fxxs [240a:61:10a5:12f7:*])
ゲラシモフは無能だよなぁ。この武力衝突においてプーチン以外では一番株下がったんじゃないの?

530: 名無し三等兵 (ワッチョイ cf34-ZYUM [153.161.251.144])
>>518
ザルジニーが高く評価してるように戦略研究者としてのゲラシモフは有能だと思う。超限戦をロシア式に落とし込んだゲラシモフ・ドクトリンでクリミア取ってる訳だしな
まあ指揮官・調整役としてのゲラシモフの評価は結果論的に低くならざるを得ないが

532: 名無し三等兵 (ワッチョイ cf3b-3M3c [2001:268:98a7:cd44:*])
>>530
その評価には同意
戦略を練るのと実際に指揮を執るのに必要な能力は別物だしな
さもありなん

このブログの人気記事!

☆アメリカでドローン大気母戦闘艦のコンセプトが2020年代に実現?

☆核兵器抜きで日本に勝てる4カ国は米国、ロシア、中国、そしてインド…中国メディア!

☆C-130が水上機に改装されアジア太平洋で活躍する日が来る?…水陸両用型構想を米特殊部隊司令部が検討中!

☆アメリカ陸軍研究所が生物の筋肉で動くロボットを開発中?!

☆イギリス海軍の姉妹大気母「クイーン・エリザベス」と「プリンス・オブ・ウェールズ」がツーショット!

☆F-22ステルス戦闘機、2030年より段階的に退役と米大気軍中将…次世代戦闘機へ!

ケンプファー・シュヴェーア











Source link

-Uncategorized
-, ,