Uncategorized

【炎上】女性団体、役所に「布ナプキンの作り方講座」を提案 ⇒ 「男は口を出すな」となぜか男が叩かれる


山梨県都留市では、250人の職員を抱える市役所において、総務課の危機管理担当が災害対策対策を担当しています。2年前には女性の担当者が1人配置されていましたが、去年と今年は女性担当者が配置されず、現時点では3人全員が男性です。

市役所では、自然災害時の避難などにおいて女性の視点を考慮するため、職員や地元の女性団体などから意見を求める取り組みを進めています。
2022年5月19日には、梅レインの時期を前に災害対策活動を行っている女性団体の担当者とミーティングを行いました。女性団体の担当者は、市内の想定される避難所における最大800人の避難者に対して、常備されている生X用品が36枚入りの2袋しかなく、備蓄が不十分であることを指摘しました。

さらに、市民自身も災害対策に備える必要があるとして、市が呼びかけるべきだと述べ、例えば繰り返し使える布ナプキンの作り方を学べる講座を開催するなどのアドバイスを提案しました。

女性団体の担当者は、「女性どうしでなければ理解しあえない部分が当然あると思う。女性の災害対策担当者がいることは重要だと思います」と述べています。このように、女性の視点と経験を取り入れることは、災害対策活動において重要な要素であるとされています。



Source link

-Uncategorized