Uncategorized

【話題】X民「パン屋でパンの耳が大量廃棄」→リプで活用法が大量報告「ハトには上げるな」


パンの耳は、パンの外側のかたくて焼き色がついた部分で、パン用語では「クラスト」と呼ばれます。正式名称は「外皮」や「外相(がいそう)」です。
パンの耳は、離乳食では取り除きますが、離乳食を完了した1才6カ月以降であれば、赤ちゃんが食べられるのであれば、基本的には食べさせてOKです。ただし、そのままだとかみ切れずにのどに詰まる恐れがあるため、手に持ちやすいように切り、軽くトーストして食べやすく工夫しましょう。
パンの耳は、ラスクやフレンチトースト、かりんとう、キッシュ、グラタン、パンプディング、サンドイッチ、ピザなどに変身します。余ったパンの耳は、冷凍保存も可能です。使いやすい量ずつラップで包み、冷凍用保存袋に入れて、大気気を抜いて袋の口を閉じ、冷凍します。



Source link

-Uncategorized