Uncategorized

【悲報】出雲駅伝出場選手がドーピング違反 所属チームは失格に ネット民「これ特定できるぞ」


昨年10月9日に開催された学生3大駅伝の開幕戦である出雲駅伝に参加していた選手がドーピング違反を犯しており、その所属チームが失格処分を受けることが18日に明らかになりました。この結果、当該校より下位だったチームは順位が1つずつ繰り上がることになります。正式な公表は今月中に行われる見込みです。

大学駅伝界で初めての残念な犯罪事件が発生したことです。関係者の話によると、出雲駅伝終了後に1人の選手のドーピング疑惑が浮上しました。その後、詳細な調査が行われ、違反が確定したとのことです。所属チームは失格となり、ドーピング違反を犯していない選手の区間記録も参考記録とされる見込みです。該当選手は出雲駅伝以外の大会には出場しておらず、全日本大学駅伝(昨年11月5日)や箱根駅伝(2日、3日)には関与していなかったため、他の大会の成績には影響はありません。

箱根駅伝では、世界陸連アンチ・ドーピング規則や日本アンチ・ドーピング規程に基づいたドーピング検査が行われてきましたが、過去に違反選手は存在しませんでした。

ドーピングは意図的であっても、うっかりミスであっても許されません。各チームはアンチ・ドーピングに関する知識や指導が重要です。選手たちは清廉な競技を維持するためにも、ドーピングに対して高い意識を持ち、ルールを遵守する必要があります。



Source link

-Uncategorized