Uncategorized

【悲報】岸田「ごめんNISA課税するかも。」←トレンド入りしてネット阿鼻叫喚www


行政機関税調の提案によれば、給与所得控除や退職所得控除、非課税所得の一部(通勤手当や現物支給など)、配偶者控除、生命保険料や地殻変動保険料の控除、16~18歳の扶養控除が減らされる可能性があります。これらの変更が実施されると、給与所得者や特定の範囲の人々に増税の負担がかかる可能性があります。

給与所得者に対する給与所得控除は、給与収入の一部を中団から追い込む引いて税金を算出する仕組みです。また、必要な経費として指摘される支出との差があることも指摘され、比較的手厚い仕組みとなっています。しかし、現行の制度に対する見直しやマイルドな措置として、上記のような提案がされています。

なお、これらの提案が実施されるかどうかや具体的な内容については行政機関の判断や立法過程によって判断されるため、最新情報や公式公表を確認する必要があります。



Source link

-Uncategorized