Uncategorized

【賛否】芥川賞受賞者「生成AIの文章を使ってます」→『陸上のドーピングみたい』『コピペとどう違う』


「東京都同情塔」という作品で芥川賞を受賞した九段理江さん(33)が17日の夜、東京都内で記者記者会見し、受賞についての感慨を語りました。主な質疑応答は以下の通りです。

九段さんは小説が好きで一人で書き始めましたが、一人で続けることは難しいと感じ、書き続ける力をくれる出版社や家族、友人、そして楽しみにしてくれる読者の方々に本当に感謝していると述べました。彼女は「とにかくうれしいし、感謝の気持ちを伝えたい」と述べています。

今回の小説に関しては、大部分がAI、つまりチャットGPTのような生成AIを活用して作られたとのことです。彼女の話によれば、作品の全体の約5%は生成AIの文章をそのまま使用している部分もあるといいます。今後もAIを活用しながら、自分の創造性を発揮するために上手く付き合っていきたいと考えているそうです。

報道陣からの質問に対して、九段さんは「生活の中で生成AIを使うことはありますか?」という問いに対して、「ときどきあります。誰にも言えないような悩みだったり、そういったことを人工知能に相談したりすることもあります」と答えました。

また、「その経験は作品作りに生かされているのか?」という質問に対しては、「AIが私の期待することを言ってくれない場合、私は少し主人公の建築家のセリフに反映させてみたりすることもありました」と述べました。AIとの相互作用や影響を通じて、作品創りを行っているようです。

もう一度回答する



Source link

-Uncategorized
-, ,