Uncategorized

【はじめの一歩 1446話】行方不明のロザリオ、まさかの場所で発見www


『はじめの一歩』は、森川ジョージによるボクシングコミックであり、1989年から『週刊少年マガジン』で連載されています。物語は、母子家庭のいじめられっ子である幕之内一歩が、プロボクサーの鷹村守との出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムに入門し、プロボクサーとしての成長や人間としての成熟を追いかけて描かれています。

物語では、周囲の人々との交流やライバルたちとの戦いを通じて、一歩の成長が描かれています。脇役たちの戦いも詳細に描かれており、作者自身は「登場人物全員が主人公です」とコメントしています。また、ボクシング以外の社会問題や軋轢も物語に含まれており、貧困、人種差別、いじめ、自然環境課題などが取り上げられています。

登場人物の多くは実在のボクシング選手をモデルにしており、作者自身もボクシングジムのオーナーであり、著名なプロボクサーたちと親交があります。作品は人気であり、2023年7月14日に発売された巻数138巻によりシリーズ累計発行部数は1億部を突破しました。1991年には講談社コミック賞少年部門を受賞しています。

Round 1445 王者失踪

木村「習練を積み重ねて、衆人監視の中、人生と人格をかけて戦うんだ。何をする時も相手の事ばかり考える。忌々しいがまるで最愛の人だ。世界戦となると猶更だ」
彼は拳を握った
木村「相手は自分を満足させる全てを持っている。早く会いたい、欲しい、奪いたい。会えたらどうなる?王者だよ。成りたかったモノにようやくなれるのさ」
泰平「…なんというか」
金田「ピンと来ないすね」
木村「~っ!説得力ないって言いてえんだな!?俺がベルト巻いたことないから!」

鷹村「勝つことだけを考えて、キツイ練習にも減量にも耐えて過ごす。しかし約束の待ち合わせに、相手が来なかったとしたら?」
…一同、沈黙
一歩「ありえない…あっちゃいけない。理不尽、すぎる。不誠実すぎる」
そう呟く彼の顔は、あまりの怒りに人間ではなくなっていた…
八木「嘘情報で揺するのはよくある。だとしたら効果的だ。往復エアプレーン、ホテルを使うかも怪しくなった。試合会場の補償、チケットの払い戻し。間柴陣営はあらゆる面倒事を考えねばならなくなった」

あ、何事もなく続くんだ
どうせ試合すんだからとっととやれや

場所は変わって、東邦ジム
会長「くっそ!いい加減にしてくれ!WBAの立会人も、レフェリーもジャッジも予定通りなんだぞ!一体どうなるんだ!?」
間柴「……。」
会長「あ…なんとかなる。いや、なんとかするって!」
間柴「順調だ」
会長「え…?」
間柴「減量は順調だ。仕上がりも悪くない。全て予定通りだ」
そして彼はロードワークに励む
間柴「(腐るな。揺らぐな。考えることは唯一つだ。支えてくれた連中がいる、信じてくれた連中がいる。証明しろ報いてやれ見せてやれ。世界王座…!!)」

そして時は流れ…試合5日前
月刊ボクシングファン社にテレフォンが入った
藤井「…!!本当か!?」
真理「!?」
藤井「ロザリオが見つかったー!!」
歓喜に湧く社員一同。しかしまだ安心はできない
藤井「待て待て!…よく聞こえなかった。もう一度言ってくれないか?」

つづく(全20P)
巻末コメント:おめでとうございます 30周年 Gガンダム
引用元:ikura.2ch.sc(引用元へはこちらから)[1]



Source link

-Uncategorized