Uncategorized

【衝撃】ソフトバンク、和田毅の人的補償を撤回するために無償トレード案も提案!「石川柊太、周東が候補」


ソフトバンク球団関係者によれば、今回の騒動は和田への人的補償の指名に始まったといいます。和田はプロテクトから外れていたため、西武が彼を指名しようとしましたが、和田は受け入れることができず引退を決めたとのことです。

この騒動には、以前の近藤健介の獲得時の成功が影響していると考えられます。当時、ソフトバンクのフロントは若手選手を指名する可能性があると判断し、和田をプロテクトしなかったとのことです。同じような判断を今回の和田指名でも下した結果、予期しない事態になってしまったようです。

それに対して、ソフトバンクの三笠杉彦GMは和田の指名を変更するよう西武側に協議を申し出ました。しかも、プロテクトされている選手からの交換だけでなく、無償トレードの形でもう1人の選手を提案したとのことです。

最初、西武側は石川柊太の人的補償指名と三森大貴の無償トレードを要求したそうですが、ソフトバンク側はそれを受け入れることができませんでした。その後、周東右京や中村晃といった選手の名前も出たようですが、結局甲斐野に落ち着いたとのことです。

無償トレードの方については最終的な結論は分かっていないようですが、西武側からは牧原大成や柳町達の名前も出たそうです。

ソフトバンク球団関係者によれば、今回の騒動は和田への人的補償の指名に始まったといいます。和田はプロテクトから外れていたため、西武が彼を指名しようとしましたが、和田は受け入れることができず引退を決めたとのことです。

この騒動には、以前の近藤健介の獲得時の成功が影響していると考えられます。当時、ソフトバンクのフロントは若手選手を指名する可能性があると判断し、和田をプロテクトしなかったとのことです。同じような判断を今回の和田指名でも下した結果、予期しない事態になってしまったようです。

それに対して、ソフトバンクの三笠杉彦GMは和田の指名を変更するよう西武側に協議を申し出ました。しかも、プロテクトされている選手からの交換だけでなく、無償トレードの形でもう1人の選手を提案したとのことです。

最初、西武側は石川柊太の人的補償指名と三森大貴の無償トレードを要求したそうですが、ソフトバンク側はそれを受け入れることができませんでした。その後、周東右京や中村晃といった選手の名前も出たようですが、結局甲斐野に落ち着いたとのことです。

無償トレードの方については最終的な結論は分かっていないようですが、西武側からは牧原大成や柳町達の名前も出たそうです。



Source link

-Uncategorized