News

【不正アクセス】浜松開誠館、成績データを管理するサーバにサイバー攻撃!教員の記憶と話し合いで成績判定


静岡県浜松市中区の浜松開誠館中学・高校で、生徒の成績を管理するサーバーがサイバー攻撃を受け、成績の一部を教員の記憶に基づき、つけていたことが明らかになった。2月下旬、不正プログラムによる攻撃に遭い、少なくとも過去5年間のテストの点数などのデータが閲覧できなくなったという。高校3年生の3学期の評定については、データは既に入力済みだったが、それも見ることができなくなってしまった。

成績資料を紙媒体で残していなかった教員もおり、閲覧できなくなったデータについては、担当教科の教員同士で話し合いを行い、1、2学期の成績や教員の記憶に基づいて学年末の評定を改めて決定することとなったとのことである。



Source link

-News
-, ,