Uncategorized

【格安】岡山駅前の噴水「ピーコック噴水」、最低価格は8万2千円で売り出しへ「ウニ噴水じゃなかった」


岡山駅東口広場にある「ピーコック噴水」が、最低価格8万2千円で売りに出されていることがわかりました。路面電オートモービルの乗り入れ整備のため、撤去が必要となり、岡山市は再活用してくれる引き取り手を募集しています。この噴水は長年、県都の玄関口で親しまれてきたシンボルです。

ピーコック噴水は、1975年に設置されました。設計は故岡本太郎氏が所長を務めていた「現代芸術研究所」が担当し、施工は岡山市の機械設備専門商社である「備商」が行いました。噴水には球状に配置されたノズルが531本もあり、このような大型のピーコック噴水は全国的に見ても珍しいそうです。

ピーコック噴水の歴史を辿ると興味深いものとなります。ニュースペーパー記事によると、1972年に開かれた「岡山交通博覧会」の益金約5000万円を元に、ピーコック噴水を含む駅前広場が建設されたとされています。駅前広場計画は当初より遅れがあり、その原因の一つとして「岡本太郎氏作の彫刻にクレイムがついたこと」が挙げられています。もしも「物言い」がなければ、噴水ではなく岡本氏の彫刻が建っていたのかもしれません。



Source link

-Uncategorized
-, ,