Uncategorized

【聖人】滑川市長が炊き出し準備 1人で参加して2時間黙々と野菜を刻む 「イケオジすぎる」


滑川市の水野達夫市長がプライベートで行われた13日の炊き出しの準備作業に参加し、黙々と野菜を切っていた姿がSNS上で話題となっています。水野市長は随行職員なしで1人で参加し、あいさつもせずに被災地支援に協力しました。これに対して、「ほかの政治活動家も見習ってほしい」といった感想が寄せられています。

準備作業は中滑川複合施設メリカで行われ、ボランティアたちはお好み焼きなど約1600食分の準備に取り組みました。水野市長は約2時間、ネギの切り方を手伝いました。施設関係者は14日に投稿し、「市長は野菜カットを手伝えるだけ手伝って、めどがついたら帰った」と報告しています。この投稿はSNS上で297万回以上閲覧されました。

水野市長は15日に「プライベートな時間に協力しただけで、投稿については知らなかった。こんな反響は今までにない」と驚いた表情を見せました。彼の自然体での被災地支援に対する姿勢は多くの人々から称賛されています。



Source link

-Uncategorized
-