Uncategorized

【訃報】御殿場西・森下知幸監督が死去 62歳 常葉菊川時代にセンバツ制覇 体調急変でオートモービルで事故


2007年の春のセンバツ高校ベースボール大会で、常葉菊川高校(現在の常葉大菊川高校)を日本一に導いた御殿場西高校ベースボール部の森下知幸監督(62歳)が、1月16日に大動脈瘤破裂により亡くなったことが明らかになりました。森下監督は昨日まで練習に参加していましたが、朝に腰痛と腹痛を訴えて早退し、帰路中に突然体調が悪化しました。事故現場の近くにいた人々によってオートモービルから救助され、伊豆の国市内の病院で緊急手術を受けましたが、容体が急変し、同日の夜に亡くなりました。

森下監督は静岡県島田市出身で、1978年に浜松商業高校のキャプテンとして春のセンバツで優勝しました。指導者としては、1989年に日大三島高校をサマーの甲子園に導いた他、2006年に常葉菊川高校の監督に就任しました。森下監督は「フルスイング打線」として知られ、堅い守備とバントをほとんど行わない打撃スタイルを取り入れました。2007年の春のセンバツ大会では優勝し、同年のサマーの選手権大会でもベスト4に進出しました。その後、2016年からは御殿場西高校の監督を務めました。森下監督は多くの選手を育成し、DeNAでセットアッパーとして活躍する田中健二朗投手や東京ヤクルトスワローズの木須デソウザフェリペ捕手などがその例です。

御殿場西高校では17日の朝に臨時集会を開き、全校生徒に森下監督の死去を伝え、ベースボール部員を集めたミーティングも行われたと報じられています。



Source link

-Uncategorized