News

三浦瑠麗『めざまし8』『朝まで生テレビ』出演中止の理由…夫が詐欺容疑で刑事告訴、会社経営に無関係強調し雲隠れ?


三浦瑠麗

情報番組『めざまし8』(フジテレビ系)で、木曜日の総合解説を担当していた国際政治学者・三浦瑠麗さん(みうら・るり 42歳)が、番組出演を当面見合わせることが明らかとなり、ネット上では様々な声が上がっています。

26日放送の『めざまし8』では、番組冒頭に司会の永島優美アナウンサー(31)が「三浦瑠麗さんはお休みです」と発表し、それ以上の説明はありませんでしたが、スポーツ紙の取材にフジテレビは「総合的に判断いたしました」「ご本人ともお話ししております」と回答したとしています。

なお、三浦瑠麗さんが代表を務める『株式会社 山猫総合研究所』の公式サイトでは24日時点で、26日放送の『めざまし8』と27日放送の『朝まで生テレビ!』に出演予定と告知していましたが、25日夜までに2番組への出演情報は削除されていました。

<↓の画像は、『山猫総合研究所』公式サイト掲載の1月のテレビ番組出演情報の写真>三浦瑠麗2023年1月のテレビ番組出演情報

三浦瑠麗2023年1月のテレビ番組出演情報

三浦瑠麗さんが番組出演を中止した理由は明らかにされていませんが、三浦さんの夫・三浦清志さん(42)が太陽光発電事業の出資を巡り詐欺容疑で刑事告訴され、19日には夫が代表を務める『TRIBAY CAPITAL(トライベイキャピタル)株式会社』の本社や、東京・六本木の超高級タワーマンションにある自宅などが、東京地方検察庁特捜部の家宅捜索を受けました。

また、三浦清志さんはトライベイキャピタルの資金を着服した業務上横領の疑いも持たれています。

<↓の画像は、三浦瑠麗さんと夫・三浦清志さんの写真>三浦瑠麗と夫・三浦清志

三浦瑠麗と夫・三浦清志

この事件を受けて三浦瑠麗さんは20日に山猫総合研究所の公式サイト上で、「今般、私の夫である三浦清志の会社が東京地方検察庁による捜索を受けたという一部報道は事実です。私としてはまったく夫の会社経営には関与しておらず、一切知り得ないことではございますが、捜査に全面的に協力する所存です。また、家族としましては、夫を支えながら推移を見守りたいと思います。」とのコメントを発表していました。

こうしたトラブルを受けて、三浦瑠麗さんは『めざまし8』等への出演を見合わせたとみられますが、この対応に対してネット上では、

などの声が上がっています。

詐欺容疑で刑事告訴された三浦清志さんは、1年以上前から一部メディアによって太陽光発電事業を巡って出資者と金銭トラブルになり、10億円を出資していた出資者側から刑事告訴されていることや、トライベイキャピタルが警視庁のガサ入れを受けたのではないかとの話も出ていました。

しかし、三浦瑠麗さん等はこの件に一切触れることなく、メディアへの露出などを続けていたのですが、東京地検特捜部の家宅捜索を受けていたことが報じられたことを受けて、三浦瑠麗さんは「私としてはまったく夫の会社経営には関与しておらず、一切知り得ないこと」とのコメントを発表しました。

三浦瑠麗さんはトライベイキャピタルの経営には関与していないとして、今回の事件とは無関係であることを強調していますが、三浦清志さんが代表を務める同社やグループ会社の『TRIBAY WEALTHTECH』『トライベイ』などと、山猫総合研究所の所在地は同じであるほか、三浦瑠麗さんは政府の成長戦略会議などにも参加し、太陽光発電の推進を主張し続けていました。

また、過去のインタビューで10億円が手に入ったら何に使う!?との問いに「すべて夫の投資ファンドに入れます」と答えていたこともあります。

そして、ニュースサイト『現代ビジネス』の取材にトライベイキャピタルの関係者は、「うちのホームページを見てもらうと、所在地は議員会館の目の前で、豪華なオフィスビルの1階です。けど普段、仕事している社員は5~6人というところでしょうか。そんな会社が、いとも簡単に10億円もの融資が受けられたのは、なぜでしょうか。清志氏の妻、瑠麗さんの存在は大きかったと思います。私が事務所にいたときも、自民党の大物政治家がわざわざ瑠麗氏を訪ねて会いにきて、清志氏が同席したことがありました。瑠麗さんも清志氏の太陽光発電投資事業が信用を得るために、サポートしていたと感じました。訴訟になっているA社に対しても、清志氏は瑠麗さんの存在を話していますよ」と語っています。

この他にも三浦瑠麗さんがトライベイキャピタルに関与していた疑いのある情報が複数出ていますが、本当に経営などには関与していなかったのであれば、これまで通りテレビ番組に出演し、自らの口できっちりと説明をしてほしいもので、このまましばらく表舞台から姿を消し、ほとぼりが冷めた頃にシレッと復帰というのはやめてほしいですね。



Source link

-News
-, , , , , , , , , , , ,