News

【超絶悲報】田舎暮らしに憧れて四国の限界集落に移住した男性の後悔、村八分に遭い移住失敗してしまう


男性はコロナ禍で都市での生活に不満を抱き、小学校の教員を辞めて地域おこし協力隊に応募し、2021年に妻子と共に東京から四国の山間部の限界集落に移住しました。しかし、地域振興活動の中で地元の顔役的な数人との関係が悪化し、親しかった人たちとの関係もギクシャクしてしまったと振り返ります。彼は人間関係の問題はどこでもあるが、集落では都市部のような付かず離れずの関係は許されなかったと話し、移住した自治体の担当者も任期の途中で辞められたことを残念に受け止めています。彼は今回の件を受けて、地域振興業務に関するやりとりは地域おこし協力隊員と地元住民の直接連絡は避け、自治体が間に入るようにしたと話します。彼は「後になって知ったが、過去にも同じようなトラブルで地域を去った隊員がいた」と言い、移住者の定住率を事前に調べなかったことを後悔しています。



Source link

-News
-, ,