News

【体罰】中学教諭、ミルメークの余りを所持した生徒を髪の毛掴んでボコボコにして停職、生徒は目の下内出血


大阪府池田市の男性教諭(55歳)が、市立中3年の男子生徒を複数回殴ったとして、停職1カ月の懲戒処分に処せられた。市教育委員会によれば、教諭は昨年9月26日、給食で出た牛乳に味を付ける「ミルメーク」の余り数個を廊下で無許可で持っていたことで別の教諭から口頭で指導を受けていた生徒に対し、髪をつかんだり、頭を殴ったりする体罰を加え、生徒は右目の下を内出血するなどの軽いけがを負った。市教育委員会は、教諭が過去にも部活動の部員に暴言を吐いて指導されていたことから、「教諭を監督する立場として責任を感じる。再発防止に努める」とコメントしている。



Source link

-News
-, ,