News

【大雪】JR京都線で8時間缶詰め 車掌がアナウンス「降車許可が降りない。勝手に降ろすと罰せられる」


車内では、数時間にわたって「ポイントの切り替えができなくなっているので、雪かきをしている」とのアナウンスが繰り返され、運行の停滞が解消されるかどうか判然としないまま時間だけが経過しました。乗客の中には体調不良を訴える者が続出し、2人が救急搬送されました。男性も車内で長時間過ごし、息苦しくなり、降車を願いましたが、乗員により「乗客全員の宿泊先予約が完了するまでは降車できない」と拒まれました。男性が要求を続けると、「乗客の体調管理に十分配慮し、降車を許可する」という車内アナウンスが流れました。



Source link

-News
-, ,