News

【Facebook】八王子:鈴木涼一の顔写真画像|身柄拘束歴(前科)や職業仕事は?


おはこんにちばんわ。つるつるです。

2023年1月24日、八王子に住む職業不詳の男が身柄拘束されました。

身柄拘束されたのは、鈴木涼一(24歳)です。

2022年10月、鈴木涼一は渋谷区のマンションに押し入り、現金およそ3,500万円とロレックスなどの貴金属(3,000万円)を強奪した疑いがあります。

一体、鈴木涼一とはどんな人物なのでしょうか!?

 

鈴木涼一(八王子)の顔写真画像|Facebook/職業仕事/前科(身柄拘束歴)は!?

現在のところ、身柄拘束された鈴木の顔写真(画像)は公開されていません。

しかし、この男について調べたところ、2018年に身柄拘束歴(前科)が確認されたのです。

この時の身柄拘束容疑は傷害罪で、鈴木は知人の少年(当時18歳)に殴る蹴るの暴行を加え、頭部を骨折させていたのです。

被害者の少年は命に別状こそなかったものの、全治2ヵ月の重傷を負っています。

年齢も一致することから、2018年に身柄拘束された人物が鈴木本人だと考えられます。

なお、今回の強盗事件では「職業不詳」と報じられていますが、当時の報道では「解体業」と表記されていました。

ちなみに、鈴木のFacebookは確認されておらず、詳細な情報は分かっていないのが現状です。

2018年の傷害事件で鈴木と共に身柄拘束された「峯尾ケイン」のFacebookは確認されていますが、その友達の中に「鈴木涼一」のアカウントは存在していませんでした。

このことから、鈴木はFacebookを利用していなかった可能性が高いでしょう。

 

世間の反応

手口はちょっと違うような気がするのですが、連続している強盗事件との関係はあるのでしょうか。

こちらも複数の犯行を重ねているようで、組織的な犯行の可能性はありそうですが。

数10年経済成長の乏しい日本ですが、治安の良さが良いところでした。

しかし、こんな事件が連続すれば、そのイメージもなくなりますね。

一番の問題は首謀者を如何に身柄拘束するかなんだと思うが、まずはこいう犯罪をアルバイトとしてやる人間がいることは問題ですね、

押し込み強盗などの検挙率をあげ、いくら単価が高くても割にあわないということを理解させることだと思う。

そして最終的にはデジタル化する事かもしれない、電子マネーで誰がいつどこでどれだけ使ったかが分かれば、所得や資産が無いのに高額な買い物は出来ない、そして本人確認は顔認証で行うと整形や変装をしてお金を使うことが出来なくなる。

しかし、今の日本じゃ反対が多くて進めないかもしれないが、犯罪抑止には効果あると思うけど。

強盗やると、ちょっとでも抵抗されればほぼ確実に強盗致傷になりますが、強盗致傷や強盗人を殺める行為だと、奪った金額の多い少ないにかかわらず、量刑ではほぼマックスに近い形で高い刑が科せられることになりますから、もっとも割に合わない犯罪といえます。

金奪っても使える機会がなければ意味ないし、それより金持ち情報が闇ルートに流れていることの方が危険な気がします。

※「Yahoo!ニュース」より引用





Source link

-News