News

TBS広報部の女性社員を覚醒剤事件で身柄拘束。大ヒットドラマのCG担当の過去、仕事は優秀で局内で評価も…動画あり


TBSテレビ

TBSの女性社員(47)が覚醒剤を使用したとして、23日に覚醒剤取締法違反の容疑で警視庁に身柄拘束されたことが明らかになりました。

警視庁の発表によると、23日に身柄拘束されたTBSの女性社員は広報部に所属し、1月上旬から22日までの間に、覚醒剤を使用した疑いが持たれているとのことです。

容疑者(推定)は警視庁の取り調べに容疑を認めているといい、警視庁は入手ルートなどを調べているとしています。

この事件を受けてTBSは、「当社の社員が身柄拘束されたことは 誠に遺憾です。事実関係を調べ厳正に対処してまいります」とのコメントを発表し、同局の情報ワイドショー番組『ひるおび』でもこの事件を伝えていました。

TBS社員が覚醒剤事件で身柄拘束報道の動画

[embedded content]

そして、TBS社員が覚醒剤使用で身柄拘束されたことに対してネット上では、

などの声が上がっています。

ニュースサイト『NEWSポストセブン』の報道によると、容疑者(推定)の身柄拘束にTBS内では驚きの声が広がっているといい、容疑者(推定)を知るTBS局員は取材に対して、「勤務態度は至って真面目で局内でも評価は悪くなかった。」「親しい局員は『おかしな様子などは見たことがない』と言っていました。会社が越智さんと関係があった職員にヒアリングを始めています」と明かしています。

容疑者(推定)は、法政大学女子高校、法政大学工学部を経てTBSに技術職で入社し、2000年代に放送の『3年B組金八先生』『木更津キャッツアイ』『華麗なる一族』といった作品でCG・VFXを担当していたそうです。

容疑者(推定)は局内での評価も良かったため、最先端の技術を学ぶためにアメリカへ出張することもあったそうですが、ドラマの予算削減などの煽りを受けて約10年前に制作の現場を離れていたとのことです。

NEWSポストセブンの報道通り、容疑者(推定)と同姓同名のTBS社員は技術局プロダクション技術センターに所属し、2000~2009年にかけて上記3作品の他にも、『Beautiful Life ふたりでいた日々』『オレンジデイズ』『ビューティフル・ライフ』『世界の中心で、愛をさけぶ』『クロサギ』『タイヨウのうた』『タイガー&ドラゴン』『ブラックジャックによろしく』『いま、会いにゆきます』など、数多くのTBSドラマのCG・VFXを担当し、映像情報メディア学会誌に論文も寄稿するなどしていて、かなり優秀な社員だったことがうかがえます。

そんな容疑者(推定)がどこで覚醒剤を入手し、いつから使用していたのか、どういった経緯で身柄拘束に至ったのかなど詳細は明らかになっていませんが、たまたま職務質問を受けて身柄拘束されたのか、友人やパートナーなど周囲の人間が先に捕まり、容疑者(推定)として浮上して身柄拘束に至ったということなのでしょうか。

ネット上でも様々な憶測が飛び交っていますが、昨年6月にはフジテレビの編成制作局に所属していた元男性社員(38)が大麻所持で身柄拘束されており、業界に蔓延しているのではないかとの声も上がっていて、一部芸能事務所のようにテレビ局も抜き打ちで薬物検査を行った方がいいかもしれないですね。



Source link

-News
-, , , , , , ,