News

TKO木本武宏が会見で巨額投資トラブルの経緯説明。債務は1億超え、詐欺被害で刑事告訴も視野。コンビ活動再開も宣言


TKO木本武宏

昨年7月に発覚した巨額投資トラブルが原因で『松竹芸能』を退所し、芸能活動を休止していたTKO・木本武宏さん(51)が23日に騒動後初めて記者会見を行い、投資トラブルの経緯や現状の説明を行ったほか、相方・木下隆行さん(51)と共にコンビ活動再開を宣言し、2月に地元・大阪でトークライブを開催することも発表しました。

木本武宏さんは会見で投資トラブルに発展した経緯について、2017年から仮想通貨にハマり、価格が暴落後に焦る中でFXトレードを新たに始め、出会った仲間たちと意見交換をする中で、知人に自称・FXトレーダーのA氏を紹介され、木本さんは自分で運用することに不安があったためA氏にお金を預けたそうです。

その話を投資に興味を持つ仲間にしたところ興味を持ち、木本武宏さんの紹介で合計10人がA氏に1億7,000万円を預けていたものの、それから数ヶ月後に連絡が取れなくなるなど不審な言動があり、返金を求めたところ合計6,000万円しか返ってこず、その後A氏とは音信不通になったといいます。

<↓の画像は、A氏とのFX投資トラブルの構図>TKO木本武宏のFX投資トラブルの構図

TKO木本武宏のFX投資トラブルの構図

この状況に焦る中で10年来の友人で後輩のB氏から、自身もA氏にお金を預けていたことを打ち明けられ、さらに不動産投資話を持ちかけられたといい、B氏が以前から不動産投資で儲けているとの噂は耳にしていたことや、1ヶ月で投資額の50%が戻ってくる、倍になるかもしれないという話で、FXでの損失を取り戻したいとの思いでB氏にお金を預けたとのことです。

この話を投資仲間に伝え、自身も含めて4人で合計5億円強をB氏に預けたそうですが、一向に話が進まなかったことで返済を求めたところ、1億6,000万円しか返ってこず、その後B氏も音信不通になったといい、後にこの不動産投資は運用実態が無いことが判明し、投資詐欺だったという認識を持つに至ったとのことですが、現在もまだ真相は明らかになっていないとしています。

<↓の画像は、B氏との不動産投資トラブルの構図>TKO木本武宏の不動産投資トラブルの構図

TKO木本武宏の不動産投資トラブルの構図

木本武宏さんは合計2,000万円を投資していたといい、知人に投資を紹介するにあたって仲介手数料などは取っていなかったと強調し、自身も詐欺被害者の1人ではあるものの、自分が紹介して被害を拡大させてしまったという負い目や、この問題が表沙汰になったらマズイと考え、昨年7月に問題が報じられる前から木本さんが代表してトラブル解決に向けて動いていたそうです。

そして、トラブルが複数のメディアに報じられた昨年7月時点では、私財の売却や周囲の助け等を受けて、FXで生じた損失は出資者全員に返済を済ませ、報道直後からはA氏の代理人弁護士からも連絡があり、反省の言葉や返済計画などを伝えられ、昨年9月から返済が始まっているとしています。

一方のB氏からも昨年秋に連絡があり、具体的な返済計画などを伝えられたといい、現在も連絡を取り合いながら話は前進しているものの、返済はまだ始まっておらず、今後また約束を破れた場合には刑事告訴など、法的措置を講じていくとし、すでに弁護士にも相談してその準備も行っているとのことです。

現時点で木本武宏さんが背負っている債務の合計額は、周囲の助けも受けて現在は当初の「3分の1程度」とし、具体的な金額は伏せながらも1.5億円程度としています。

木本武宏さんはこの一連のトラブルで仕事も失い、A・B氏を恨みつつも全て身から出た錆だったとし、投資について大した知識も得ることなくギャンブル的な感覚でのめり込んでしまったことを深く反省し、投資には二度と手を出さないとも語っており、今回のトラブルで学んだことを問われると「おいしい話はこの世にない」と答えていました。

記者会見の後半には、後輩に対するパワハラ問題で大炎上し、2020年3月に松竹芸能を退所した相方の木下隆行さんも登場し、再びコンビ揃って再出発することを宣言した上で、2月に大阪でトークライブを開催することや、オファーがあれば全国各地の舞台をまわってコントを披露していきたいとし、賞レースにも参加したいとの意向を示していました。

<↓の画像は、23日の会見に出席した木本武宏さんと木下隆行さんの写真>TKO木本武宏&木下隆行

TKO木本武宏&木下隆行

この会見を受けてネット上では、

などの声が上がっています。

TKO木本武宏さんの会見動画

[embedded content]

木本武宏さんの投資トラブルは、元を辿ると木本さんの勉強不足が招いたことで、自身でしっかり見極めができない状態にも関わらず、周囲にも投資話を伝えて被害を拡大させ、最終的に取り返しのつかない状態になってしまったのも自業自得とも言えるので、ネット上でも厳しい声が相次いでいます。

また、今回の会見でTKOの復活も同時発表したことにも批判が寄せられており、このタイミングでわざわざマスコミを集めて記者会見を開いた主な目的は、投資トラブルの説明ではなく、コンビ復活を大々的に発表することだったのではとの声も上がっており、さらに印象が悪化している様子です。

いずれにせよ、TKOの2人は様々なトラブルによってイメージがドン底まで落ち、これから地道に舞台などに出演して少しずつ信用を回復していくしかなく、松竹芸能を揃って辞めてしまったことから、コンビ活動を再開したところで厳しい状態が続くとは思いますが、2人で力を合わせて一歩一歩前進をしていってほしいですね。



Source link

-News
-, , , , , , , , , , ,