News

【超絶悲報】いじめで不登校になった中2少年、毎日7~8時間で「ゲーム障害」に 『見出しに悪意が・・・』


近年、ゲームに対する依存が問題になっている「ゲーム障害」。長崎市の増田貴久さん(46歳)は、中学生の頃にゲームに没頭し、その後回復した経験を持ち、現在は全国の学校や自助グループで講演活動を行っている。増田さんは「家族など周囲の関わり方が本人の症状を左右する」と訴える。彼は中2の春に不登校になり、いじめられ、勉強の成績も伸びなかった。苦しさを忘れようと毎日7~8時間、ゲームに熱中したが、1年後にゲームセンターで小学校の同級生と偶然再会し、彼と一緒にゲームをするようになり、会話が増え、心のもやが晴れたようになり、夏休み明けに登校を再開した。



Source link

-News
-, ,