News

【超絶悲報】少子化で相続人が見つからない遺産647億円、全額を国がボッシュートへww


2021年度に国庫に入った相続財産の金額が過去最高の647億円に達したことが明らかになりました。これは、遺産の相続人がいないなどの理由によるもので、身寄りのない「おひとり様」の増加や不動産価格の上昇が背景にあると考えられています。専門家は、早めに遺言書を作ることを勧めています。このような不存在の相続人による相続財産の収入は、過去20年で6倍に増えています。相続人も遺言もない遺産は、家庭裁判所に選任された「相続財産管理人」が整理し、未払いの税金や公共料金などを清算し、相続人が本当にいないかを確認します。また、特別な縁故者がいる場合は、家裁の判断に基づいて財産を分配し、残りは国庫に入ります。



Source link

-News
-, ,