News

後藤悟志の太平エンジニアリング代表就任までの経歴!評判/実績/事業


2023年01月23日更新

後藤悟志は、太平エンジニアリングの3代目社長です。1996年の代表就任以降、同社の成長に大きく貢献してきた実績を持つ後藤悟志のプロフィールィール情報をはじめ、経歴や評判等を纏めました。また、後藤悟志率いる太平エンジニアリングの事業内容、社員からの口コミ、工事実績についても紹介しています。

13

お気に入りに追加
0

後藤悟志は太平エンジニアリング社長

後藤悟志は、株式会社太平エンジニアリングの代表取締役社長です。太平エンジニアリング創業者一族に生まれ、兄は西部ホールディングスの代表取締役社長を務める後藤高志という実業家の家系で育った後藤悟志は、1996年の代表就任以降、多角経営や海外進出によってグループ売上を倍増させた実績があり、その経営手腕は社内外から評判となっています。

太平エンジニアリング入社前にはニッカウヰスキーに就職して社会人経験を積んでおり、営業成績トップを記録するなど、営業マンとしても優秀な実績を残しています。

後藤悟志のプロフィールィール

後藤悟志のプロフィールィール情報を纏めました。

名前:後藤悟志(ごとう さとし)出身地:東京都杉並区生年月日:1957年11月12日最終学歴:青山学院大学経営学部座右の銘:感謝趣味:ギターなど音楽好きな土地:文京区 引用元:japan.fandom.com(引用元へはこちらから)

人物像(人柄・趣味)

 

 

後藤悟志の人柄や趣味などから人物像を纏めました。音楽はセミプロレベルとのことで、抜群の歌唱力の持ち主であることも伺えます。

後藤悟志社長の性格は兄貴肌気質だそうです。社長にふさわしく頼れる存在で、社員には厳しく接することもあるそうですが社員の幸せを常に考え行動するなど、まさに頼れる兄貴といった感じの人物だそうです。

また、音楽・ゴルフ・ギターが趣味で、音楽に関してはセミプロレベルなのだそうです。 ゴルフに関しても事業でゴルフ場の運営等を積極的に行うなど、趣味から仕事へと発展させるなど、公私共に充実していることが伝わります。 引用元:human-profile.hatenablog.com(引用元へはこちらから)

後藤悟志さんについて調査していて感じたのは、とにかくやり手という評判です。営業能力が高く、超大手の契約をバンバン受注してくる手腕とのことです。

そのためか人にも(もちろん自分にも)厳しい一面もあるようですが、会社の成長を共に支えてくれる社員のことを考えての叱咤激励なのでしょう。そこが会社成長のカギなのではないかと考えられます。 引用元:jobjob-appeal.com(引用元へはこちらから)

後藤悟志の生い立ち

後藤悟志の生い立ちを纏めました。幼少期から帝王学を学んでいたためか、学生時代からリーダーシップの取れる人物でした。

後藤悟志さんは、太平エンジニアリングの前身である三榮建設工業株式会社の創業者を祖父に持ち、父は太平エンジニアリングの前社長の後藤一之さんで、三人兄弟の次男として生まれました。家柄としては経営者一家に生まれ、帝王学を叩き込まれる中で、自然と社長として会社のトップに立つ資質が身につく環境でした。

子供の頃はガキ大将タイプで、近所の子供を纏めて元気に遊んでいたようです。明星高等学校卒業、青山学院大学卒業という学歴で、偏差値が高く頭の良い学校に通っていました。 引用元:shiru.company(引用元へはこちらから)

後藤悟志の経歴

後藤悟志が青山学院大学を卒業してから太平エンジニアリングの代表取締役社長に就任するまでの経歴を纏めました。太平エンジニアリング入社後、約9年で代表取締役社長に就任しています。

 

 

青山学院大学卒業後は酒類メーカーであるニッカウヰスキー株式会社に就職。営業マンとして実績をあげた後、父が亡くなる前に太平エンジニアリングに入社した。

太平エンジニアリング入社後の経歴は下記の通り。

1987年4月:営業本部本部長付部長代理として入社1990年3月:メンテナンス本部長に就任1990年6月:取締役に就任1991年6月:常務取締役に就任1993年3月:専務取締役に就任1996年9月:代表取締役社長に就任 引用元:dic.nicovideo.jp(引用元へはこちらから)

後藤悟志の太平エンジニアリング社長としての実績

後藤悟志が太平エンジニアリングの代表取締役社長就任後に成し遂げた実績を纏めました。

太平グループの売上を倍増

太平エンジニアリングを含む太平グループは、後藤悟志が代表取締役社長に就任してから20年以上で売上を倍増させています。

異業種からの転職、そして社長となった後藤悟志さんは不安の連続だったそうですが、グループ全体の売上高700億円(2020年6月時点)とグループ売上の倍増に成功しています。

また、太平エンジニアリング単体についても2018年491億円、2019年560億円、2020年582億円と右肩上がりの結果を残しています。 引用元:human-profile.hatenablog.com(引用元へはこちらから)

多様な業種展開

 

 

持ち前の営業力やM&A等によってさまざまな事業に参入し、売上を伸ばしてきました。

M&A等で新たに複数の業種展開を始めています。

太平グループには建築設備である太平エンジニアリングの他、20社以上のグループ会社が存在していて外食業や金融業、介護サービスなどもあります。

これらの事業は後藤悟志社長が就任してから新たに始めた事業です。 引用元:human-profile.hatenablog.com(引用元へはこちらから)

東南アジアを中心とした海外進出

2005年からは海外進出も果たし、グローバル企業としても成長を続けています。

太平エンジニアリングが海外進出を開始したのは2005年のことでした。それまでに日本国内で培ってきた住・食の環境創りの知見やノウハウを活かし、東南アジアに狙いを定めて海外へと事業を展開します。

現時点では、シンガポール・ミャンマー・カンボジア・ベトナムの4か国に拠点を置いて事業展開を行っています。事業の内容は、設備工事やメンテナンス、レストラン、ホテル事業などとなり、グループの全容は国内22社、海外4社という規模に成長しました。 引用元:shiru.company(引用元へはこちらから)

後藤悟志・太平エンジニアリングの評判と口コミ

後藤悟志と太平エンジニアリングに関する評判や口コミを引用し、纏めました。

後藤悟志の周囲からの評判



Source link

-News
-, ,