News

【解答超速報】2023年01月 中小企業診断士2次試験 口述試験 受験者感想纏め 質問内容の報告者も


中小企業診断士は、中小企業の業績改善や事業拡大に向けたアドバイスを行う専門家です。彼らは企業の経営状況を分析し、経営上の問題点を特定説(推定)し、それらを解決するための具体的な提案を行います。中小企業診断士は、経営戦略の立て方、経営費用の削減、収益の増加など、様々な領域で活躍します。また、中小企業診断士は、中小企業に特有の課題に対応するために、専門的な知識や経験を持っています。彼らが提供するアドバイスは、中小企業の事業改善に大きく貢献し、企業の競争力を向上させることができます。

●1次試験(全科目を3年以内に7科目に合格すれば第1次試験合格となります。)① 経済学・経済政策② 財務・会計③ 企業経営理論④ 運営管理(オペレーション・マネジメント)⑤ 経営法務⑥ 経営情報システム⑦ 中小企業経営・中小企業政策

●2次試験① 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅰ② 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅱ③ 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅲ④ 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅳ

●1次試験総点数の60%以上の得点率で、かつ1科目でも満点の40%未満のないこと。また、科目合格については、満点の60%以上の得点率で合格となります。

●2次試験総点数の60%以上の得点率で、かつ1科目でも満点の40%未満のないこと。また、口述試験については、評定が60%以上の得点率で合格となります。



Source link

-News
-, ,