News

BBC東京特派員「日本で10年過ごしたが、この国の将来が心配」「日本は過去にとらわれている」


日本の経済は、過去には世界を席巻したが、現在は低迷に陥っている。特に不動産市場は、購入した直後に価値が低下し、40年間のローンを支払い終えた時点で、資産の価値はほぼゼロになるという現象がある。これは、BBCの東京特派員として初めて着任した時にも感じた。これは、1980年代に起きたバブル時代に由来している。バブルは1991年にはじけ、東京の市場では株価と不動産価格が暴落し、いまだに回復していない。一方で、日本はスマートな新幹線やトヨタ自動車などの効率性の高いものを誇るが、実際はそうではない。人口の少子高齢化も進んでおり、これが日本の経済の低迷を招いていると言われている。



Source link

-News
-, ,