News

洋菓子の世界大会「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」、日本代表が2007年以来の優勝!


国際的な洋菓子競技会「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」が、フランスのリヨン近郊で開催され、日本チームが優勝を果たしました。この競技会は1989年に始まり、2年ごとに開催されており、日本チームの優勝は3度目で、2007年以来8回目の受賞となりました。競技会は20日から21日の2日間にわたり、17か国・地域が参加しました。味だけでなく、見た目や発想の独創性も審査の対象になり、各地の予選を勝ち抜いたパティシエ3人が代表チームとして、観客の前で特設ステージで技術と芸術性を競いました。今回の競技会のテーマは「気候変動」



Source link

-News
-, ,