News

【超絶悲報】小林よしのり氏「三浦瑠麗、終了。」と切り捨てる!「セレブぶったって言い回しが面白い」


三浦瑠麗はもうテレビには出られないだろう。東京地検特捜部が家宅捜索したということは、相当な確信があってのことだ。おそらく夫は身柄拘束される。

犯罪者の妻は、夫とは別人格として見なければならないのだが、残念ながら三浦瑠麗が夫の詐欺事件に一切関与してないとは言い難い。

太陽光パネル擁護発言も、中国人による日本の土地購入を容認する「国会発言」も、夫の事業の応援だとバレバレじゃないか。

統一協会の霊感商法の被害者を、一顧だにしない神経は、夫の詐欺に騙された被害者を、一顧だにしない神経と同じものだ。

「反日という言葉を使ってはいけない」と言ってたのも、自分の夫が中国人に土地を売る仕事をしてたから、擁護したいだけ。「反日」と言われることを恐れたのだろう。なんと「国会」で発言していたのだから驚きだ。

こうやって権力の中枢まで入り込んで、自分の利益を達成しようとする戦略は、統一協会と同じだ。「太陽光パネル」と「中国人土地購入」の2大疑惑は夫との共犯を強く窺わせる。

三浦瑠麗は女であり、美人であり、子供もいるから、警察からは見逃されるのだろうが、テレビに出演させるのは道徳的に問題がある。詐欺夫は、三浦瑠麗のブランドを利用していたのかもしれないのだから。

10億ものカネを騙し取って、六本木ヒルズの上層階に住み、軽井沢に別荘を持って、永田町のど真ん中に事務所を持ち、報道写真ではヨットに乗っていたが、あんなカネをたかが言論タレントが稼げるはずはないし、三浦の著書は昔から売れてない。なぜあんなセレブぶった暮らしをしているのか、不思議だったが、これで全部分かった。 引用元:yoshinori-kobayashi.com(引用元へはこちらから)



Source link

-News
-, ,