News

【感動】食事をすると嘔吐する難病「食道アカラシア」に10年以上悩まされた男性、手術で克服し号泣


英国のピート・モリスさんは10年以上の間、食事をすると嘔吐してしまう病気を患っていたが、昨年症状が悪化し病院に行った結果、食道の神経と筋肉に影響を及ぼす稀な疾患「食道アカラシア」と診断された。ロンドンのユニバーシティ・カレッジ病院とモリスさんが治療を受けたプライベート病院、クリーブランド・クリニックの消化器専門医リーハン・ヘイダリー氏は、「食道アカラシアの患者は、下部の筋肉が締め付けられており、食べ物の自然な移動が阻まれ、逆流してしまう」と説明し、昨年9月には、括約筋を切開して痙攣を防ぐ手術を行った。その結果、1週間後には柔らかい食べ物のみを摂取し、初めて普通の食事ができるようになった。モリスさんは「手術後の初めて1杯のスープとパン1つを食べて、泣きました」と振り返っている。

この病気は、多くの人が知らない疾患であり、症状が軽い場合は、食事の摂取量や食物の種類を調整することで改善することができるが、重度の場合は手術が必要になる。



Source link

-News
-, ,