News

反スパイ法で捕まって刑期を終えた日本人が帰国


スパイ活動してないのに捕まった

温泉の調査をしていただけで国家の安全に危害を加えたとされていた。日本政府は抗議したりしなかったのか!?

中国における反スパイ法は、中国の政府が取り締まるスパイ行為、情報漏洩、その他の不正な情報収集行為を禁止し、制裁する法律です。

中国では、国家安全に関する情報を収集し、漏洩することが禁じられており、これに違反した場合には、刑事処罰や民事訴訟による賠償請求などの処罰が科せられることになっています。また、外国企業や外国人が中国で働いている場合も、スパイ行為や情報漏洩に対しては同様に処罰の対象になります。

また、中国では、国家安全に関する法律を改正し、情報収集、監視、制御を強化するため、新たな法律が制定されることもあります。

香港国家安全維持法のこと。

香港の国安法は、中国政府が香港において、国家安全を維持するために制定した法律です。国安法は、2020年6月に香港特別行政区立法会で可決され、同年6月30日に施行されました。

国安法は、香港において、セパレーション、分裂、暴力行為、外国勢力による干渉など、国家安全に対する犯罪を禁止し、制裁することを目的としています。法律によっては、国安犯罪に対しては、香港特別行政区内外で処罰が適用されることになります。

国安法によっては、香港特別行政区政府が、国安上の危険に対して、特別な権限を行使することができるようになります。これによって、中国政府は香港の反乱や暴動を防止し、維持するための手段を持つことになります。

ただし、国安法が施行された後、国際社会から香港における人権や民主主義の縮小、政治犯への取り締まり、ジャーナリズムや学術の自由などに対する批判が寄せられています。



Source link

-News
-, ,