News

ガンダム水星の魔女12話の感想|グエルのセリフは!? | 令和の知恵袋


アニメ「機動戦士ガンダム水星の魔女」12話で中盤のグエルのセリフは!?

グエルが「スレッタ・マーキュリーに……!」と叫んでいましたが、なんと言っているのでしょうか!?

ガンダム水星の魔女12話の感想|グエルのセリフは!?

「水星の魔女」第1クール最終回が刺激するトラウマ…思い出すのは“エヴァ旧劇”とPS2の名作ゲーム!?

「その魔女は、ガンダムを駆る。」をキャッチコピーとした大人気アニメ「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。1月8日に放送された第1クール最終回では、あまりにも壮絶な展開が描き出され、トラウマを刺激される視聴者が続出しています。

◆新時代のトラウマアニメが誕生!?同作の舞台は、大企業と密接な関わりをもつ「アスティカシア高等専門学園」。辺境の地・水星から編入してきたスレッタ・マーキュリーと、“花嫁”のミオリネ・レンブランを中心とした物語が描かれています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7b01f1a6a4ae81bfb0ee3d1015f8345ef8975f1a

■第12話あらすじプラント・クエタを襲う、二機のガンダム。スレッタと分断されてしまったミオリネは、合流を目指し施設内を駆ける。一方、スレッタはミオリネを救うため、前へと歩みを進める。

アニメ「機動戦士ガンダム水星の魔女」12話で中盤のグエルがトドメを刺すシーンでのセリフは!?

「俺はあいつに…スレッタ・マーキュリーに進めていない!」

です

なぜヴィムのディランザは、グエルの機体に攻撃したのかというと、実際テロリストが使っていた機体の一つにグエルが勝手に乗り込んでいるわけですから、テロリストだと誤認されても仕方ないでしょう。

ちなみに、『水星の魔女』は既存のガンダム作品とは繋がらない別物です。

ガンダムシリーズは、「宇宙世紀」という時間軸を描いた「宇宙世紀シリーズ」と、それとは別の舞台を描いた「アナザー作品」に分類され、『水星の魔女』は「アナザー作品」に当たります。

「アナザー作品」は、一つひとつの作品がそれぞれに別の世界線を舞台にしているので、他作品との繋がり抜きで視聴できます。

「操縦者に負荷をかけるガンダム」、つまりガンダムそのものよりガンダムに組み込まれたシステムの中に危険な物があるという設定ならば、「ガンダムW」のゼロシステムと、「鉄血のオルフェンズ」の阿頼耶識(あらやしき)システムが該当します。

ガンダム水星の魔女12話の感想|グエルのセリフは!?ネットの口コミは!?





Source link

-News
-