News

【東京商工リサーチ】パチンコホールの倒産がここ10年で最多!! 大淘汰時代に突入 「すごくSDGs」


2022年はパチンコ業界に大きな影響を与える年になりました。全国のパチンコホールの倒産件数は前年比で2.1倍増の39件に急増しました。この理由は、長引くコロナ禍や5号機の完全撤去、6号機への入替え負担が重かったためです。11月には、起爆剤と期待されたスマスロが導入されましたが、新規客は期待通りに増えていません。また、4月にはスパートパチンコ(スマパチ)も発売される予定ですが、導入はライバル店との競争を避けられない道で、資金力の乏しいパチンコホールの脱落がこれから本格化すると予想されます。そして、生き残った資金力のあるホール同士の熾烈な競争による大淘汰時代が始まる可能性があります。このように、パチンコ業界は厳しい状況に直面していると言えます。



Source link

-News
-, ,