News

【神戸新聞】在留カード「偽造工場」国内で乱立 本物と見分けつかない精巧さ、安く入手容易に


2012年に導入された在留カード制度は、外国人の就労可否を確認するために在留資格や個人情報を記載したものです。ICチップを内蔵し、偽造を防ぐようになっていますが、実際には目視で確認されることも多く、近年は中国などで偽造されたカードが出回っていると言われています。特に千葉県の製造拠点では、販売価格が安く、偽造技術も高いことが注目されています。偽造カードは通常、不法残留者や就労資格のない外国人が身分を隠すために使用されますが、近年は他人になりすまして犯罪に悪用されるケースも増えていると聞きます。県警は、「一目見ただけでは分からない精巧な偽造カードが出回っている。特に金融機関や携帯電話会社の窓口は注意して確認してほしい」と呼びかけています。



Source link

-News
-, ,