News

【切断遺体】和歌山市北島死体遺棄事件!!発見現場や遺体の身元は?


和歌山市北島の紀の川の堤防道路で、放置された軽乗用車のトランク内から血液などの付着したキャリーケース1個が見つかり、付近の河川内でもキャリーケース1個を発見。中身を確認したところ、切断された遺体の一部が見つかりました。和歌山県警は死体遺棄事件として捜査を始めています。

この記事では遺体が発見された現場はどこなのか、遺体の身元を調査しました。

和歌山市北島死体遺棄事件の概要

事件の概要がこちらです。

1月18日、和歌山市内の河川や軽乗用車のトランクから見つかったキャリーケースから切断された遺体の一部が見つかった事件で、近くの川から中年男性の遺体が見つかったということです。警察が死体遺棄事件として詳しい状況を調べています。  1月18日午後5時半ごろ、和歌山市北島にある堤防で「車が放置されている」と通報がありました。  警察が現場に置かれていた軽乗用車を確認したところ、トランクから血が付着したキャリーケースが見つかり、中から切断された遺体の一部が見つかりました。  また、警察が付近を捜索したところ、車近くの紀の川の中からもキャリーケース1個を発見し、中から切断された年齢性別不明の遺体の一部が見つかりました。  また、18日午前7時ごろ、紀の川で中年男性の遺体が見つかったということです。遺体には目立った外傷はなかったということです。  警察は死体遺棄事件で捜査するとともに、詳しい状況を調べています。

引用:Yahoo!ニュース

1月18日午後5時半ごろ、和歌山市北島にある堤防で「車が放置されている」と通報がはいる

現場に置かれていた軽乗用車を確認したところ、トランクから血が付着したキャリーケースが見つかり、中から切断された遺体の一部が見つかる

付近を捜索したところ、車近くの紀の川の中からもキャリーケース1個を発見し、中から切断された年齢性別不明の遺体の一部が見つかる

18日午前7時ごろ、キャリーケースが見つかった現場から約3キロ離れた和歌山市湊にあるクリーンセンター近くの川から中年男性の遺体が見つかる

遺体に目立った外傷はない

車の中からは見つかった男性のものとみられる免許証が発見される

事件現場はどこ?「和歌山市北島の河川敷」

事件現場を調査しました。

事件が起きたのは「和歌山市北島の河川敷」です。

報道された現場の映像がこちらです。

現場は南海電鉄「和歌山市駅」から約600m離れた住宅街になります。

ネットの声

ネットの声を集めてみました。

死体を分解した後、キャリーケースに詰め、川に捨てる……凄いエネルギーだと思う。 そこまで常軌を逸する人を殺める行為が出来るんだろうか。 日本各地にこうしたサイコキラーじみた人間が尽きないように思える最近のニュース。 親しくなった人間もストーカー気質かも知れず信用出来ないし、寂しい住宅街の夜道はもちろん、繁華な街なども一人では出歩けなくなって来た。 かといって家に引きこもっていても、刃物所持したやつが押し入って来るとなれば、自力でやり合うしかないではないか。 おなくなりになった方はいつ亡くなったか、男女どちらなのかもまだ分かっていないが、せめて安らかにと言いたいです。

北島の紀の川沿い河川敷といっても範囲広すぎる。 公園やスポーツコートや畑が点在してるから、明らかにその利用者じゃない感じの異様な場所にあったのか、置き方が変だったのか。 早く犯人捕まって、被害者さんが浮かばれますように。地域住民としても安心したい。

運ぶため・隠すために切断してるのだから、そこまでやって、最後に証拠をがっつり残す意味がわからない。 バラバラ事件で見つかるのは、氷山の一角なんだろうなぁ。

遺体の身元

遺体の身元に関しては名前や顔画像は判明していません。

和歌山市湊にあるクリーンセンター近くの川から中年男性の遺体が発見されている事から、キャリーケースから切断された遺体の一部がこの中年男性と関連があるのかもしれません。

新たな情報が入り次第追記・更新していきます。(続く…)



Source link

-News
-