News

それでも結婚したいと、ヤツらが言った(ドラマ)視聴率|初回や最終回は!?最高・最低は!?


ドラマ「それでも結婚したいと、ヤツらが言った」の視聴率について。

ドラマ「それでも結婚したいと、ヤツらが言った。」は結婚式場のネズミ一家が式場スタッフに乗り移り再建のため奔走するストーリー。

ドラマ「それでも結婚したいと、ヤツらが言った」はのどかな海街の病院で働く産婦人科医・雪宮鈴と、遺品整理士として働く柊一星の2人による年の差ラブストーリー。

「non―no」専属モデルで女優の鈴木つるつるかさんがネズミと人間の“一人二役”に挑戦しますが、視聴率が気になる人も多いんじゃないでしょうか。

【水ドラ25】それでも結婚したいと、ヤツらが言った。 | テレビ東京・BSテレ東 7ch(公式)
テレビ東京「それでも結婚したいと、ヤツらが言った。」オフィシャルサイト。
 

それでも結婚したいと、ヤツらが言った(ドラマ)視聴率|最高・最低は!?

鈴木つるつるか×福山翔大インタビュー「現場が楽しいので、疲れを感じることはあまりない」『それでも結婚したいと、ヤツらが言った。』

人生の一大イベントである“結婚式の素晴らしさ”をテーマに、結婚式を迎えるまでのリアルな道のりやさまざまな人間模様をネズミの家族の視点から描くウエディングドラマ『それでも結婚したいと、ヤツらが言った。』(テレビ東京系 毎週水曜 深夜1時~)。本作で主演を務める鈴木つるつるかさんと共演する福山翔大さんにお互いの印象やご自身が演じる役どころについて聞きました。

◆出演を聞いた時の心境はいかがでしたか。

鈴木:1年ぶりにテレビ東京さんのドラマに出演できるのがすごくうれしかったです。そして作品の詳細を聞いたら、ネズミの役ということだったので私が子年というのもあり、運命を感じました。それにウエディングプランナーも中学生の時になりたいなと思っていたので、すごく私と共通点がある作品だなと。https://news.yahoo.co.jp/articles/500346fb0b355f5d0320394bd7672467c947a5f1

<div class="video-click video" data-iframe="">

【公式】水ドラ25『それでも結婚したいと、ヤツらが言った。』60秒トレーラー | テレビ東京

ドラマ「それでも結婚したいと、ヤツらが言った。」は“結婚式の素晴らしさ”をテーマにネズミ一家が式場スタッフに乗り移って式場の再建とカップルたちに降りかかるトラブル解決に向けて奔走し結婚式を迎えるまでの人間模様を描いたストーリー。

ドラマ「それでも結婚したいと、ヤツらが言った」の視聴率(※ビデオリサーチ調べ/関東地区の世帯平均視聴率)は詳細を確認でき次第、ブログに追記をします。

初回:最終回:最高:最低:

初回・第1話:それでも結婚したいと、ヤツらが言った(ドラマ)視聴率

初回・第1話(1月4日放送)の視聴率は発表を確認でき次第、ブログに追記をします。

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/sorekon/lineup/202301/27247_202301042500.html

結婚式場「ウェディングヒルズ大黒」。そこには、永遠の愛を誓うカップルたちを神様と一緒に見送ってきたネズミの一家が暮らしていた。しかし、このままだと式場が売りに出される話が立ち上がる。何とかすべく、長女のチュー子(鈴木つるつるか)を筆頭に、結婚式のお手伝いをすることに。今宵、結婚式に臨むのは新山隆文(前原滉)と片山由美(筧美和子)。しかし、どこか心ここにあらずの隆文からまさかのカミングアウトが…。都内にある結婚式場「ウェディングヒルズ大黒」。そのロビーの一角に、名前の由来となった大黒天を祀る小さなお社がある。そこには、永遠の愛を誓うカップルたちを神様と一緒に幾度となく見送ってきたネズミの一家が暮らしていた。しかし近年、結婚式の需要が落ち込む一方で、このままだとお社一帯が売りに出される、そんな話が立ち上がる。「なんとかせよ!」という大黒天さまのお達しのもと、結婚式場をつぶさないため、長女であるチュー子(鈴木つるつるか)を筆頭に、式場スタッフに“乗りうつり”結婚式のお手伝いをすることになったネズミ一家。チュー子が“乗りうつる”のは、プランナー歴2年目の新人・篠原天音。どこか頼りない彼女だが、チュー子が“乗りうつる”ことで別人のように変貌する。そんなこんなで今宵、チュー子こと篠原天音が担当する結婚式に臨む新郎新婦は、新山隆文(前原滉)と片山由美(筧美和子)。式の打ち合わせをチュー子と入念に進める中、演出やプランにリアクションする由美に対して、どこか心ここにあらずの隆文。受け身の姿勢に何かを感じたチュー子は思い切って隆文にどのくらい結婚したい気持ちがあるのか聞き出すことに。すると、“忘れられない人がいる”とのまさかのカミングアウト…。そこには、隆文と由美を取り巻く人間関係が影響していて…。

第2話:それでも結婚したいと、ヤツらが言った(ドラマ)視聴率

第2話(1月11日放送予定)の視聴率は発表を確認でき次第、ブログに追記をします。

<div class="video-click video" data-iframe="">

【予告】水ドラ25『それでも結婚したいと、ヤツらが言った。』第2話 | テレビ東京

ようやく本当の意味で結婚式に臨むことができる由美(筧美和子)と隆文(前原滉)だったが、幸せも束の間、隆文の母・新山清美(速水今日子)から結婚式を中止にすべきとの連絡が…。いわゆる毒親に困惑する一同。しかし、チュー子はこの理不尽な清美の要求には何か裏があるのではないかと考え始める。ここまで結婚式に介入してくる清美の真意とは。そして、チュー子がある謎を解いた時、物語は大転換する!前回、由美(筧美和子)の本心を聞くとことができ、心のモヤモヤを無事解決できた隆文(前原滉)。ようやく本当の意味で結婚式に臨むことができる二人だったが、幸せも束の間。隆文の母・新山清美(速水今日子)からコース料理に「キャビア」が入ってないことを理由に、ゲストの人たちに満足してもらえない結婚式なら中止にすべきと連絡が…。しかし、今のプランだとこれ以上予算をかけることもできず、急な展開に困惑する二人。なんとか解決策を見出したチュー子(鈴木つるつるか)とスタッフたちだったが、今度は「キャビア」を諦めて、出し物で「ライブペインティング」をやりたいと言い出す清美。内容を聞いたプランナーの桜井康平(福山翔大)はさすがに限度があると隆文に伝える。体裁や体面を気にしたり、行き過ぎた親心で子供達に介入してしまう、いわゆる“毒親”だと教えられるチュー子。しかし、チュー子はこの理不尽な清美の要求には何か裏があるのではないかと考え始める。ここまで結婚式に介入してくる清美の真意とは。そして、チュー子がある謎を解いた時、物語は大転換する!

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/sorekon/lineup/202301/27247_202301112500.html

第3話:それでも結婚したいと、ヤツらが言った(ドラマ)視聴率

第3話(1月18日放送予定)の視聴率は発表を確認でき次第、ブログに追記をします。

<div class="video-click video" data-iframe="">

【予告】水ドラ25『それでも結婚したいと、ヤツらが言った。』第3話 | テレビ東京

結婚式の打ち合わせをしている水谷俊哉(樫尾篤紀)と琴葉(白石優愛)。二人だけのオンリーワンの結婚式をしたいと暴走気味の俊哉は、明らかに予算オーバーな要望をしてくる。新郎の承認欲求に過ぎないと断じるチュー子(鈴木つるつるか)に、憤る康平(福山翔大)。結果チュー子1人で担当を受け持つことになるが、ネズミ一家が一丸となり、この難題をクリア…そう思われた矢先、琴葉の隠された思いにチュー子は気づき…。天音(鈴木つるつるか)と康平(福山翔大)と共に結婚式の打ち合わせをしている新郎新婦の水谷俊哉(樫尾篤紀)と琴葉(白石優愛)。二人だけのオンリーワンの結婚式をしたいと暴走気味の俊哉は、結婚式のプランに生バンド演奏や、バルーンの演出、デザートに高級マンゴーと、明らかに予算オーバーな要望を連発する。天音はチュー子に切り替わり、今の予算だと厳しい旨をはっきりと伝えるが、新郎新婦の希望をなんとかして叶えることがプランナーの仕事だと引き下がらない俊哉。状況を冷静に判断した康平が一旦、この件を持ち帰ることを提案するが、納得のいかないチュー子。ギクシャクするチュー子と康平だったが、桐沢信江(久保田磨希)の提案で、ある条件つきでチュー子一人で水谷夫妻の結婚プランを担当することに。チュー吉(濱津隆之)、チュル美(優希美青)、チュー太(西岡星汰)の力を借りて、ネズミ一家が一丸となり、この難題に挑んでいく。なんとか、チュー太からの妙案もあって、代替えプランを纏めることができたチュー子だったが、どこか不安な表情を浮かべる琴葉。チュー子に打ち明けた、琴葉の結婚式に秘めたある思いとは・・・。

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/sorekon/lineup/202301/27247_202301182500.html

第4話:それでも結婚したいと、ヤツらが言った(ドラマ)視聴率

第4話(1月25日放送予定)の視聴率は発表を確認でき次第、ブログに追記をします。

<div class="video-click video" data-iframe="">

【予告】水ドラ25『それでも結婚したいと、ヤツらが言った。』第4話 | テレビ東京

お互いの本心を打ち明け、足並みを揃えることができた俊哉(樫尾篤紀)と琴葉(白石優愛)。チュー子(鈴木つるつるか)も二人にとって意味のある結婚式を挙げるため準備を進めるが、琴葉から結婚式キャンセルの申し出が。俊哉の病気が判明し、将来のことを考えると式を中止にすべきとのことだった。しかし、俊哉はどうしても結婚式を挙げたいと訴える。二人の思いを胸に、式を挙げるべきか否か…チュー子が出した答えとは。幼い頃に見た母親の結婚式のように、来てくれる人たちを笑顔にできる結婚式にしたい。そう自らの本心を俊哉(樫尾篤紀)に打ち明けた琴葉(白石優愛)。俊哉も琴葉の気持ちを理解し、ようやく足並みを揃えることができた二人。チュー子(鈴木つるつるか)も二人にとって意味のある結婚式を挙げるためプランを変更し、準備を進めていたが、琴葉からまさかの結婚式をキャンセルしたいとの申し出が…。俊哉の病気が判明し、将来のことを考えると今すぐ式を挙げるべきではないとのことだった。しかし、俊哉は自分の状況を分かりつつも、琴葉のためにどうしても結婚式を挙げたいと訴える。どうすれば良いか考え込む康平(福山翔大)。しかし、それはあなたの“エゴ”だと有無を言わさず結婚式の中止を打診するチュー子。話し合いは決着せず、どうしても人間の機微を理解できずに葛藤するチュー子。そんな時、バックヤードで琴葉の母親がこの場所で結婚式を挙げたDVDを発見する。その中身を見たチュー子は、自分自身と琴葉の大きな勘違いに気づく。そして、式を挙げるべきか否かに対して、ある一つの答えを見出すチュー子。果たして式の行方は…。

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/sorekon/lineup/202301/27247_202301252500.html

第5話:それでも結婚したいと、ヤツらが言った(ドラマ)視聴率

第5話(2月1日放送予定)の視聴率は発表を確認でき次第、ブログに追記をします。

第6話:それでも結婚したいと、ヤツらが言った(ドラマ)視聴率

第6話(2月8日放送予定)の視聴率は発表を確認でき次第、ブログに追記をします。

第7話:それでも結婚したいと、ヤツらが言った(ドラマ)視聴率

第7話(2月15日放送予定)の視聴率は発表を確認でき次第、ブログに追記をします。

最終回(第8話):それでも結婚したいと、ヤツらが言った(ドラマ)視聴率

最終回・第8話(2月22日放送予定)の視聴率は発表を確認でき次第、ブログに追記をします。



Source link

-News
-