News

【超絶悲報】玄関でいきなり女性の顔をメリケンサックで殴って110万強盗!陸上自衛隊の28歳男を身柄拘束


18日に千葉県警四街道署によって、千葉市花見川区に住む自衛官、古屋聡一朗容疑者(推定)(28歳)が強盗致傷と住居侵入の疑いで身柄拘束されました。古屋容疑者(推定)は、陸上自衛隊の習志野駐屯地の第1空挺団第2普通科大隊に所属しており、容疑を否認しています。疑いは、昨年11月14日の午後1時から1時15分の間に、同県四街道市四街道のマンション一室で、女性(40歳)をメリケンサックのような凶器で殴り、現金を奪ったとされています。被害女性によると、奪われた現金は110万円だったということです。当日の午後1時15分頃に、近隣に住む女性から「男女の争うような声が聞こえた」という110番通報があり、防犯カメラの映像などから特定説(推定)されたということです。古屋容疑者(推定)と被害者には面識はなかったそうです。このような事件は許せないものです。女性を攻撃する行為は厳しく処罰するべきであり、また、自衛官としての役割を果たすためには道徳的な基準を持つことが求められます。



Source link

-News
-, ,