News

NASAブラックホールの音が不気味|ペルセウス座銀河団の圧力波をソニフィケーション | 令和の知恵袋


0未分類

NASA(アメリカ航空宇宙局)が公開したブラックホールの音がまるで「幽霊になったエイリアンのうめきや叫び声」のような音をしていることからネットで大きな話題となりました。

NASAブラックホールの音が不気味|ペルセウス座銀河団の圧力波をソニフィケーション

NASAが「ブラックホールの音」を公開、ネット民が続々と恐怖の渦へ

5月5日、アメリカ航空宇宙局(NASA)は、「ブラックホールの音」を公開。その音源が不気味だと話題となっている。

これが「ブラックホールの音」。いっぺん聴いてみる!?

NASAは、観測されたデータをもとに、音に変換する「ソニフィケーション」という試みを行なっており、今回公開されたものは、地球から2億5,000万光年離れたペルセウス座銀河団のブラックホールの音源。実際の音は、ピアノ中央の「ド(C)」の音よりも57オクターブ低く、人間の耳では聞き取れない。しかし最新の可聴化技術によって、人間の耳で聞こえるように調整されたという。

https://news.mynavi.jp/article/20220510-2342488/

Data Sonification: Black Hole at the Center of the Perseus Galaxy Cluster (X-ray)

ブラックホールから音が出ていること2003年にX線天文衛星「チャンドラ」が音波を観測したことで明らかになっていました。※ブラックホールの重力波が銀河団の高音ガスにさざ波を引き起こし、それが音に変換される可能性がある

ただ人間の可聴領域には入っていない(中央ハ(ピアノでいえば真ん中のドの音)よりも57オクターブほど下の音階になる)ため、そのままでは人間の耳で聞くことはできません。

そもそも物理的には真空の宇宙空間で音はほぼ聞こえない(音の振動を伝える媒体が存在しない)もののNASA(アメリカ航空宇宙局)はブラックホールが発した圧力波を「ソニフィケーション」(可聴化)と呼ばれる技術でデータを音に翻訳。

その結果、ペルセウス座銀河団にあるブラックホールから発せられている音が銀河団を通って広がっていく際、もはや“地獄の叫び”のような不気味な音となりました。

NASAブラックホールの音が不気味|ネットの口コミは!?

 

これが知りたかった!





Source link

-News
-