News

【超絶悲報】広場で整地ローラー(重いコンダラ)に巻き込まれた女児、大けが負い後遺症で失明


三重県四日市の広場で、2019年に6歳の女の子が整地用ローラーに巻き込まれる事故

三重県四日市の広場で、2019年に6歳の女の子が整地用ローラーに巻き込まれ、大怪我をし後遺症で両目を失明した事故が発生し、事故については市の管理に過失があったとして、女の子と家族が市を相手取り約650万円の損害賠償を求める訴訟を提起した。訴状によると、事故当時、ローラーは誰でも自由に動かせ、注意書きもなく、子どもが遊具代わりに遊ぶことは十分に予見でき、市の管理に落ち度があったとして慰謝料などを求めている。



Source link

-News
-, ,