Uncategorized

【悲報】能登半島の二次避難がミステリーツアー状態!「バスに乗ったら行き先を話します」→住民が困惑


能登半島地殻変動から15日が経過しましたが、今も孤立状態にある地域があります。国や自治体は2次避難を強く呼びかけていますが、実際には避難した人は全体の6%に過ぎません。住民からは避難をためらう声も相次いでいます。

地殻変動発生から2週間が経過し、この日は陸上自衛隊第33普通科連隊が物資を届けるために孤立した小池町に入りました。孤立集落に入った報道陣が地域の住民に話しかけましたが、まだ避難するタイミングではないという回答が返ってきました。

住民の一人は、指示が出た場合は避難するつもりだと述べましたが、現在は妻がすぐに出られるように準備をしているとのことです。

能登半島地殻変動の被災地では、孤立状態にある地域が依然として存在しており、救助や支援のための2次避難が喚起されています。しかし、住民の中には避難を躊躇する声もあり、避難の判断は個々の状況や判断基準に依存することが示唆されています。



Source link

-Uncategorized
-, ,