News

円、一時128円台後半 7カ月ぶり円高水準!「やはりそっちに振れますよね。」


2023年01月13日更新

2日のニューヨーク外国為替市場で円が対ドルで上昇し、円相場は一時1ドル=128円台後半を付けた。2022年6月以来、約7カ月ぶりの円高水準となる。12日に発表した22年12月の米消費者物価指数(CPI)の上昇率が前月から鈍化し、米連邦準備理事会(FRB)が利上げペースを緩めるとの観測が強まった。

4

お気に入りに追加
0

円、一時128円台後半 7カ月ぶり円高水準

12日のニューヨーク外国為替市場で円が対ドルで上昇し、円相場は一時1ドル=128円台後半を付けた。2022年6月以来、約7カ月ぶりの円高水準となる。12日に発表した22年12月の米消費者物価指数(CPI)の上昇率が前月から鈍化し、米連邦準備理事会(FRB)が利上げペースを緩めるとの観測が強まった。

CPI発表前の円相場は130円台半ばで推移していた。CPIの発表を受けてドルが幅広い通貨に対して下落している。円は22年10月に一時151円台後半まで下落していたが、およそ3カ月の間に対ドルで22円以上円高・ドル安が進んでいる。 引用元:www.nikkei.com(引用元へはこちらから)

みんなの反応

 

 

 

 



Source link

-News
-, ,