News

【★★】ミシュラン2つ星従業員、京都・建仁寺でもみじ泥棒!「四季を織り交ぜたい思いから伐採に及んだ」


2022年12月01日更新

京都「建仁寺」で紅葉(もみじ)を無断伐採したのは『ミシュラン2つ星』従業員 日本料理店主は指導不足を反省「四季を織り交ぜたい思いから伐採に及んだ」

2

お気に入りに追加
0

京都最古の禅寺として知られる「建仁寺」の境内から、紅葉した「もみじ」の木の枝が無断で伐採されました。伐採したのは、ミシュランで二つ星に選ばれた日本料理店の従業員だったとみられます。

ひとけのない夜の駐車場。防犯カメラに映る2人組の男性が1本のもみじの木へ向かいます。懐中電灯で手元を照らし、枝をたぐり寄せると…枝が地面に落ちました。切り落としたのでしょうか。

現場となった京都最古の禅寺、建仁寺によりますと、今月18日の夜10時半ごろ、駐車場の関係者が不審な2人組を発見。袋の中に紅葉が入っているのが見えたため、警察に通報したということです。駆け付けた警察官が事情を聞くと2人はなんと、ミシュランガイドで二つ星を獲得している日本料理店の従業員だと名乗りました。

建仁寺では、11月初旬の日中にも、境内の別の場所でモミジの枝が伐採される被害があり、建仁寺は今回、警察へ被害届を提出したということです。

引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)


出展:Youtube

“盗みの連携”の一部始終が... “二つ星”名店がもみじ窃盗 京都“最古の禅寺”が被害

寺の木によじ登ろうとする2人組の男。 防犯カメラが捉えたのは、もみじ泥棒の一部始終。 盗んだもみじは、何に使われたのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュースの新着

アクセスランキング



Source link

-News
-, ,