News

丸山大輔経歴が優秀「ハイスペックなサイコパス」薄ら笑いは自信の表れ


長野県塩尻町の自民党県議・丸山大輔(まるやまだいすけ)容疑者(推定)が妻の希美さんを殺害したとして身柄拘束されました。

丸山大輔容疑者(推定)は、事件後も政治活動を行い、インタビューに答えるなど平然と日常生活を送っていました。

丸山大輔容疑者(推定)の経歴やサイコパスだと言われている理由について纏めます。

丸山大輔経歴が優秀「ノリのいいイケメン社長」

丸山大輔容疑者(推定)の優秀な経歴は次の通りです。

丸山大輔経歴
笑亀酒造(株)代表取締役社長(株)しおじり街元気カンパニー取締役(公社)塩尻青年会議所第45代理事長(20013年度)長野県議会委員(1期)自由民主党塩尻支部 支部長長野県議会 県民文化健康福祉委員会 副委員長(2016年度)長野県議会農政林務委員会 副委員長

丸山大輔経歴「笑亀酒造社長」ブラックすぎる勤務実態

丸山大輔容疑者(推定)は2002年2月16日、27歳のときに父親が急逝。翌日の17日に父親の後を継ぐ形で「笑亀酒造株式会社」の社長に就任しています。

「笑亀酒造」は明治16年創業で130年以上続く酒屋で、丸山大輔容疑者(推定)は4代目社長。父親が亡くなった当時、丸山大輔容疑者(推定)は東京で会計士の勉強をしていましたが、社長就任に関して「はいはい、やりますか」みたいなノリで引き受けたと語っています。

当時、東京で会計士の勉強をしていて、突然でしたが、おやじが死んだことのほうがショックで社長就任に関しては「はいはい、やりますか」みたいなのりで、あまり悩まなかったです。

一応母には「やる!?社長」って聞きましたけど、「無理」と言われて

丸山大輔容疑者(推定)が「ノリ」で社長に就任してしまったせいか、笑亀酒造はブラック企業だという噂があります。

笑亀酒造がブラック企業だと噂されている理由に、低すぎる年収やサービス残業の多さなどが挙げられています。

転職サイトに掲載されている「笑亀酒造」の年収をご覧ください。

「笑亀酒造」の年収は264万円とあります。ちょっと低すぎるのではないかと感じますが、さらに驚くことに「笑亀酒造」ではボーナスは0円だというのです。

勤務時間の欄を見ると、月の総残業時間は20時間ということですがすべてサービス残業。しかも月に2日の休日出勤まであるようです。

「笑亀酒造」の従業員と思しき人物は、「笑亀酒造」の待遇についてとても不満を感じているとこぼしています。

自分の年収はとても不満に感じている。500万円貰えないと満足できない。

Q.勤務時間、残業時間、勤務制度について

仕事があってやらざるを得ないのに、残業を許可されない。勤務時間は一応あるが、社長が全く把握していない。仕事があれば残るし、なければ定時で帰れる。

Q.福利厚生について

福利厚生は全く期待できない。昇給は直談判。ボーナスはなし。退職金なし。正直生活はできない。

32歳で年収264万円、しかもボーナスなしでサービス残業ありの「笑亀酒造」。投稿者の内容から、丸山大輔容疑者(推定)は社長であるにもかかわらず、このようなブラックな勤務体実態を把握していなかったようです。

ノリで社長に就任した丸山大輔容疑者(推定)ですから、従業員の福利厚生や勤務状況には全く興味がなかったとも推測されます。「笑亀酒造」の従業員は4人しかいないのに、社長がまったく把握できていないというのは問題ではないでしょうか。

丸山大輔「(株)しおじり街元気カンパニー取締役」イケメン社長

丸山大輔容疑者(推定)は、株式会社しおじり街元気カンパニーの代表取締役を務めていたこともあります。

「しおじり街元気カンパニー」とは

住みやすい環境の街、楽しいイベントのある街、賑わいのある街など幸せを感じて笑顔になれるように街づくり事業を行っている会社

丸山大輔容疑者(推定)は、地元塩尻市の活性化のために頑張っていたようで、地元では「イケメン社長」として有名でした。

引用元:信州人キャリアナビ

丸山社長は、笑亀酒造株式会社の代表取締役社長で、杜氏でもあります。創業から130年以上も続く造り酒屋の4代目社長。伝統文化を次の世代につなげていくためにも、地域活性化への思いは並々ならぬものがあります。

「塩尻の人口は7万人弱。だから、高度な発展を目指しているわけではありません。全国展開の店舗にはそれなりの魅力的なコンテンツがあります。だからそれは否定しないし、そうした要素も取り入れつつ、地元からの発信も加えて、塩尻なりのバランスをとっていけたら、と思っています。」

と丸山社長。地元でも「イケメン社長」と名高い丸山社長とともに、この課題に、全国に先駆けて答えを出していくのは、これから入社するあなたかもしれません。

丸山大輔容疑者(推定)は、事件当時、妻・希美さんとは違う女性と交際していたことが報じられています。

イケメンで地元の御曹司だった丸山大輔容疑者(推定)ですから、女性に困ることもなかったのでしょうね。

地元で偏差値1位の名門高校かつ慶応義塾大出身(しかもSFCではなく三田)のイケメンで家業の御曹司というフルスペック。

丸山大輔経歴が優秀「選挙はぶっちぎり当選」

丸山大輔容疑者(推定)は、現在長野県議として2期目の活動中でした。丸山大輔容疑者(推定)の選挙時の得票数を見ると、2回ともぶっちぎりの1位で当選していました。

・2015年4月12日長野県議会議員一般選挙(塩尻市)得票数

・2019年4月7日長野県議会議員一般選挙(塩尻市)得票数

2015年も2019年も丸山大輔容疑者(推定)は、2位の候補者に2倍ちかくの得票差をつけ、ぶっちぎりの1位で当選しています。

あずきあずき

イケメンってトクだね~

「しおじり街元気カンパニー」の代表取締役を務め、地元・塩尻市を活性させるために尽力していた丸山大輔容疑者(推定)。

ぶっちぎりの得票数で県議に当選していたのは地元での信頼が厚く、人気が高かったからだと推測されます。さらに住民ウケするビジュアルの持ち主だったことも、丸山だいすけ容疑者(推定)の人気を後押ししていたと考えらえれます。

丸山大輔学歴も優秀「慶應義塾大学卒業」

丸山大輔容疑者(推定)の優秀な学歴は次のとおりです。

丸山大輔学歴
塩尻東小学校塩尻中学校松本深志高校慶應義塾大学経済学部

丸山大輔容疑者(推定)は、長野県内でもトップクラスの進学校松本深志高校を卒業しています。

松本深志高校の偏差値は69で、長野県内で偏差値ランキング2位の進学校です。

松本深志高校を卒業した丸山大輔容疑者(推定)は、東京の慶應義塾大学経済学部に進学。慶應義塾大学の偏差値は67.5とかなり高レベルです。

学歴も経歴も超エリート。フルスペックの丸山大輔容疑者(推定)が、なぜ自分の経歴に泥を塗るような事件を起こしてしまったのか不思議でなりません。

しかし、丸山大輔容疑者(推定)の事件後のインタビュー映像や受け答えを見ると丸山大輔容疑者(推定)の裏の顔が見えてきたのです。

丸山大輔経歴「裏の顔はサイコパス」

丸山大輔容疑者(推定)の事件後のインタビュー映像を見て、丸山大輔容疑者(推定)の落ち着き払った様子や時々見せる「薄ら笑い」に違和感を覚えた方も多いのではないでしょうか。

2021年9月30日事件直後インタビュー「残念な結果」

丸山大輔容疑者(推定)の事件直後のインタビュー画像です。自分の妻が亡くなった、それも誰かに56されたというのに「残念な結果になってしまった」と話す丸山だいすけ容疑者(推定)。

愛する妻が亡くなったのに、取り乱すわけでもなく淡々と話す丸山大輔容疑者(推定)に鳥肌が立ってしまいます。この人には人の感情というものがないのでしょうか。

息を吐くように嘘をつける人は、嘘をいってる自覚が全くなくて、本人の中ではそれが事実になってること多々。

サイコパスやわ。怖すぎる

お子さん大丈夫やろか…

2021年11月告別式でのインタビュー「まるで他人事」

思っている以上に本人は人気があったなと

人気者でみんなに好かれていたんだなというのを非常に実感する

妻・希美さんの告別式で涙一つ見せず「(妻は)思っている以上に人気んがあったんだな」とまるで他人事のように話す丸山大輔容疑者(推定)。

妻を56された怒りや悲しみはなかったのでしょうか。

2022年9月29日インタビュー「バレない自信満々」

なにもないまま1年たっちゃったのかな自分の中ではあまり区切りになってないかな犯人像が全くわからないので何とも言いようもないですし怒りもわきようがない状況なんですけども何かしら自分がやってしまったことに罪悪感みたいなのがあるだろうから

自分から出てきてくれればそれに越したことはない(妻に)しっかりやってるので心配しないで大丈夫だよと言ってやりたいな

まだ捜査が続いているということなので、一刻も早く何か手掛かりが見つかって解決してほしいな

妻・希美さんが殺害されてから一年がたった心境を淡々と語る丸山大輔容疑者(推定)ですが、気のせいか時折うっすらと笑顔を浮かべているように見えます。

「自分が妻を56したことは絶対にバレない」という自信があったのでしょうか。

インタビュー受けてるとき、問いかけに答えるときに目線がこっちか着て右向いてるね、これは造り話や嘘言うときだね。こりゃやってるね。普通愛してた妻なら存在薄れてきたなんて言わないし、もう愛情はなかったんだろうな。。。

妻が56されたのに、インタビュー中に笑顔を見せる丸山大輔容疑者(推定)の様子にネット上では「丸山大輔はサイコパスではないか」と話題になっています。

サイコパスとは

一般的な人格や価値観から逸脱した考えや行動をとる人物。反社会性パーソナリティ障害と位置づけられている。

サイコパス男の特徴として次の共通点があげられます。

感情が顔に全くでない突然キレることがある口が上手い平気な顔で嘘をつく悲しいことがあっても共感してくれない愛想だけはいい自分が悪くても絶対に謝らない上から目線で指摘するイライラするとものに当たる自分優先で行動する

丸山大輔容疑者(推定)は、妻が亡くなっているのに淡々とインタビューに答え、平気な顔で嘘をついています。愛想の良さはインタビューの受け答えからわかりますよね。

また、サイコパスは自信過剰な傾向があり雄弁。口が上手く、自身にあるれているので魅力的に見えると言います。

サイコパス男の特徴に丸山大輔容疑者(推定)はかなり当てはまっている気がしませんか!?

長野県議の丸山大輔、、、これがほんとにサイコパスなんだろうな、、、

丸山大輔妻殺害事件概要

丸山大輔容疑者(推定)が妻・希美さんを殺害した事件当日の経緯です。

2021年9月28日夜:丸山大輔容疑者(推定)、長野市の議員会館に宿泊(議員会館所在確認済)2021年9月29日午前0時:最後に妻・希美さんを確認2021年9月29日午前6時45分:丸山大輔容疑者(推定)、妻の死亡連絡を受け帰宅(議員会館所在確認済)

丸山大輔容疑者(推定)は、事件当時「事件当日は議員会館に宿泊していた」と供述していました。しかし、事件が起きてから間もない段階で、警察は丸山大輔容疑者(推定)の車が北信方面と自宅のある中信方面を往復していたことを把握していました。

丸山大輔容疑者(推定)は事件前夜の夜に長野市の議員会館に宿泊したことを、後日事務局に届けていたことがわかっています。

長野県議会の議員会館は、

監視カメラなし入退室の認証・記録なし宿泊予約の必要なし

で利用することができるということです。つまり、出入り自由で記録にも残らない丸山大輔容疑者(推定)にとってとても都合の良い施設だったのです。

丸山大輔容疑者(推定)の妻・希美さんは自宅で倒れているところを家族に発見されています。この第一発見者の家族というのが、丸山大輔容疑者(推定)の子供ではないかとみられているのです。

小学生の子供をお母さんの遺体の第一発見者に仕立ててんだぜ、このサイコパス自民党議員は

丸山大輔容疑者(推定)自身があやめた妻・希美さんの遺体を、自分の子供に発見させるとはサイコパス以外の何者でもありません。お母さんの変わり果てた姿を見てしまった子供は、どれだけショックだったことでしょう。

自分の子供がどれほどのショックを受けるかなんて、サイコパスの丸山大輔容疑者(推定)は想像すらしなかったに違いありません。

普段から妻にDVやモラハラはなかったのだろうか!?まだ容疑の段階だけど、子供は複雑だろうもし、犯人なら平然と嘘をつき1年以上普通に暮らせる神経が怖すぎる。

自ら妻に手をかけ、平然と日常生活を送り、インタビューに臆することなく答えていた丸山大輔容疑者(推定)は優秀な経歴の持ち主であると同時に、サイコパスの一面を持つ恐ろしい人物だったのかもしれません。

丸山大輔容疑者(推定)について新しい情報がわかりましたら追記いたします。





Source link

-News
-