News

尾峪琢馬は2015年に前科あり!?顔画像とFacebookも調査!


2022年10月5日午後3時15分ごろ、京都府城陽市の路上で小学2年の女子児童が連れ去られ、400メートル先の場所で解放されるという事件がありました。

この事件で城陽市に住む会社員の尾峪琢馬容疑者(推定)(28)が未成年者略取と監禁の疑いで身柄拘束されています。

連れ去られた女子児童にけがはなく、父親が泣きながら帰ってきた女子児童から話を聞き、警察に通報しました。

周囲の防犯カメラなどを検証したところ尾峪容疑者(推定)が浮上しましたが、2人の間には面識はないとのことです。

尾峪容疑者(推定)は容疑を認めています。

尾峪容疑者(推定)には2015年にも身柄拘束された前科があるとの情報もありますが、どのような内容なのでしょうか。

また尾峪容疑者(推定)の顔画像やFacebookも調査したいと思います。

今回は「尾峪琢馬は2015年に前科あり!?顔画像とFacebookも調査!」と題して纏めていきます。

尾峪琢馬は2015年に前科あり!?

尾峪容疑者(推定)の名前を検索すると2015年の監禁強姦事件が出てきます。

これは2015年に京都府京都市で21歳の尾峪琢磨と19歳の会社員の少年が、わいせつ目的で帰宅途中の25歳の女性を車に監禁し、脅迫して集団で強姦した事件です。

女性は「川に流すぞ」や「裸で外に放り出すぞ」などと脅迫され、声を上げることもできなかったといいます。

この時の事件では、被害女性は車に乗せられた時点で110番通報していたそうですが、脅迫されて声を出すことができず、解放されたのちに再び110番したことで犯人が身柄拘束されました。

この時の警察の対応に関して世間では、最悪の事態も起こりえた、などの不満の声が多く上がっていました。

しかし当時の記事は削除されているため詳しい情報はこれ以上分かりません。

この事件で身柄拘束された尾峪容疑者(推定)は当時21歳で、今回の事件で身柄拘束されたのは28歳です。

年齢は一致しますが、名前と年齢、京都府で起こったことしか情報が一致していませんので、2つの事件の容疑者(推定)が同日人物であるかどうかは今の時点では断定することは難しいです。

尾峪琢馬の顔画像とFacebookは!?

尾峪容疑者(推定)の顔画像は現在のところ公表されていません。

2015年の事件と同じ人物であることが特定説(推定)されたら、初犯ではないということで、顔画像も公開されるかもしれません。

そしてFacebookも名前検索を行ったり、該当する情報から調べて特定説(推定)を試みました。

ただ、現状として該当人物に関するFacebookの情報はわかりませんでした。

同姓同名のアカウントはありましたが、情報が登録されていないため、本人のものと裏付けられて特定説(推定)することはできませんでした。

しかし2015年の事件の時に、当時の容疑者(推定)のFacebook画像が掲載されている記事もあります。

7年前の事件と今回の事件の容疑者(推定)が同一人物と特定説(推定)されたら、顔画像やFacebookなどSNSの情報も公開されるかもしれません。

今後、話題のニュースでの調査で分かり次第、追って掲載したいと思います。

纏め

今回は「尾峪琢馬は2015年に前科あり!?顔画像とFacebookも調査!」と題して記事に纏めてきました。

2022年10月5日午後3時15分ごろ、京都府城陽市の路上で小学2年の女子児童が連れ去られ、400メートル先の場所で解放されるという事件がありました。

この事件で城陽市に住む会社員の尾峪琢馬容疑者(推定)(28)が未成年者略取と監禁の疑いで身柄拘束されています。

2015年にも尾峪琢馬という人物が、女性を監禁し強姦する事件があり、この事件の容疑者(推定)と今回の事件の容疑者(推定)が同姓同名で、年齢も一致します。

しかし2015年の記事は削除されているため、これ以上の情報はなく、この事件が尾峪容疑者(推定)の全かなとなるものなのかは不明です。

現在のところ尾峪容疑者(推定)の顔画像は公表されていません。

Facebookの方も同姓同名のアカウントは存在しましたが、情報が登録されておらず、特定説(推定)には至りませんでした。



Source link

-News