News

飯塚幸三受刑者(91)流血 オムツで対応 過酷な獄中生活が明らかに 池袋暴走事故


拘置所側も先例がなく、対応に窮したようだった。壁に緩衝材として発泡スチロールを張り、転倒で怪我をしないよう応急措置を施した。刑事施設にはてすりがない。杖も武器になるので使えないため、歩くことが困難な幸三にとっては、トイレに行くことが過酷な試練となっていた。終いには、おむつで対応しなければならなかった。

房の中には椅子がなく、壁に寄りかかっていなければならない。

幸三が東京拘置所に収監されてから数日後、妻の下には夫から手紙が届いていた。

「あまりに悲惨な状況に、母は泣き崩れてしまって……」

 長男も、手紙の内容に衝撃を受けていた。

 車椅子がなければ歩けない状態になった幸三は、拘置所内でトイレに行こうとした際、転倒してしまい頭に怪我をしてしまったのだ。トイレは血だらけになり、拘置所内の規則として「始末書」を書かなければならなかったのだという。

 拘置所側も先例がなく、対応に窮したようだった。壁に緩衝材として発泡スチロールを張り、転倒で怪我をしないよう応急措置を施した。

 刑事施設にはてすりがない。杖も武器になるので使えないため、歩くことが困難な幸三にとっては、トイレに行くことが過酷な試練となっていた。終いには、おむつで対応しなければならなかった。

 房の中には椅子がなく、壁に寄りかかっていなければならない。就寝時間以外に横になってはならず、まるで拷〇である。

 90歳(取材当時)の足の不自由な老人にはあまりに過酷な状況に、家族は打ちのめされていた。

出典:《池袋暴走事故》「毎日、亡くなった方々のご冥福を祈っています」車いすで面会、額には大きなアザが…飯塚幸三受刑者が語った“獄中生活”(文春オンライン) – Yahoo!ニュース

《池袋暴走事故》「毎…《池袋暴走事故》「毎…

《池袋暴走事故》「毎日、亡くなった方々のご冥福を祈っています」車いすで面会、額には大きなアザが…飯塚幸三受刑者が語った“獄中生活” | 文春オンライン

@tsuisoku777 この方は二人の命を奪ったろくな謝罪もなしに日々過ごしていたオムツ使ってもらえるだけありがたい話。— えいじ (@eijisantokappa) Nov 24, 2022

@tsuisoku777 高級介護施設じゃないんだから仕方ないよ。亡くなった方の事を思えばありがたい措置でしょ。— 長倉正ニ (@nagakuramasa) Nov 24, 2022

@tsuisoku777 良かった!良かった!罪を償えてるね🥹— HARD9 (@qoLRYlEwcG2lfq7) Nov 24, 2022

@tsuisoku777 猛スピードでプリウスに突っ込まれて殺されるよりはマシだろ!!— 秀虎🎌 (@hide_tora_x) Nov 24, 2022

@tsuisoku777 無様だな— 日下部純 (@Kusakabe_Jun) Nov 24, 2022

@tsuisoku777 因果応報だろうが😒— E.えるりっく🇯🇵☮️🦍🍥🥊🍇💎 (@Avelhide) Nov 24, 2022

@tsuisoku777 同情するつもりはない😐— 笑楽 (@LW_syoraku) Nov 24, 2022

 

@tsuisoku777 まだ生きているという事実が許せない— 黒田三四郎 (@zc33s1972) Nov 24, 2022

@tsuisoku777 すぐだろうし自分の入る穴でも掘らせようや— 海羽(๑•́દ•̩̥̀๑)ちゅるりん (@pirosan412) Nov 24, 2022



Source link

-News