News

気仙沼市鳥インフルエンザはどこ!?養鶏場の場所を徹底調査!


宮城県気仙沼市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生したとして、話題となっています。

宮城県は11月24日、ニワトリ1万8000羽あまりの殺処分を完了しています。今回、気仙沼市で鳥インフルエンザが確認されたのはどこなのでしょうか!?

養鶏場の場所が気になるところだと思います。

そこでこの記事では「気仙沼市鳥インフルエンザはどこ!?養鶏場の場所を徹底調査!」と題して記事に纏めていきます。

気仙沼市鳥インフルエンザはどこ!?

今回、宮城県気仙沼市で確認された鳥インフルエンザが発生したのはどこなのでしょうか。

宮城県は24日中にも鶏舎の消毒など全ての防疫措置を終える見込みとなっています。

殺処分が行われたのは、23日高病原性鳥インフルエンザの発生が分かった、気仙沼市の養鶏場です。

気仙沼市市によると市内にある養鶏場は9カ所あり、このうち感染現場から半径3キロの移動制限区域には2カ所あるとされています。

ニワトリやふんなどの移動は禁止されますが、いずれの養鶏場も出荷済みでニワトリはいなかったということがわかっています。

気仙沼市鳥インフルエンザ養鶏場の場所は!?

気仙沼市で鳥インフルエンザが確認された養鶏場の場所は特定説(推定)されているのでしょうか。

各報道を纏めると、今回鳥インフルエンザが確認された気仙沼市の養鶏場には鶏舎が3カ所あったことがわかっています。

該当の養鶏場では屋内で放し飼いにする「平飼い」などの方法で約2万1000羽を飼育していました。

この養鶏場ではニワトリが21日に約200羽死亡し、22日に約1000羽と急増したため、県東部家畜保健衛生所に通報。

検体の簡易検査と遺伝子検査などの結果、23日早朝に鳥インフルエンザの感染が確定しています。

感染拡大を防ぐため、県は養鶏場から10キロ圏内にある6農場(飼育数計約12万4000羽)に対し、圏外へのニワトリやふんなどの搬出を制限する。10キロ圏内では感染源となる可能性がある野鳥への監視を強化することになっています。

宮城県内には養鶏場が128カ所(約621万羽)存在しています。

宮城県からの情報によると、今のところ他に異常の報告はないということです。

纏め

この記事では「気仙沼市鳥インフルエンザはどこ!?養鶏場の場所を徹底調査!」と題して記事に纏めてきました。

宮城県気仙沼市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生したとして、話題となっています。

宮城県は11月24日、ニワトリ1万8000羽あまりの殺処分を完了しています。

今回、気仙沼市で鳥インフルエンザが確認されたのはどこなのかを調べてみました。

調べてみたところ、今回鳥インフルエンザが確認された気仙沼市の養鶏場には鶏舎が3カ所あったといいます。

この養鶏場では屋内で放し飼いにする「平飼い」などの方法で約2万1000羽を飼育していました。

養鶏場の場所が気になるところですが、現在のところ場所は特定説(推定)されていません。



Source link

-News